頭いた

眼精疲労がたまったのか頭いたくてしょーがないす。
ずきずき、というより時折ずきーんと痛むこのつらさは小学生からの持病でも決して慣れない。
吐き気→空腹感→ごはん→吐き気→ループ_| ̄|○、;’.・ オェェェェェ
夢のほうですが、平井堅が出現したあと2夜連続森山未来きました。
平井堅は決して大好きじゃないとは言いませんが(つまり大好き)血眼にして探すレベルじゃないです。
森山未来も決して愛してないとは言いませんが(つmry)彼の出るテレビ番組は全部見る程度の普通レベルです。
もっとやばいほど惚れているものが他にもありますがそのうちこんな夢が続いたら一生起きなくなる気がします。
具体的に惚れている男を書くのも無粋なので夢にでるまでわくわくしながら寝ます。
今週のGVでしたが、L2に2時間特攻した結果GV終幕11秒前にきわどいところで落とされてしまいました。
悔しいけど、私はそんなに周りがさわぐほどがっくりはしなかったかな。
個人的にはひとりで20人前後状態異常MBで足止め祭りなんかしてすごくおもしろかったのです。
対人がというよりその状況がおもしろかっただけですが。
作戦自体があってないような実行方法だったので、遊撃やってたこっちとしては防衛本隊がよく見えてなかったので別に防衛方法の不備とかで負けたのではないと思っています。
遊撃やっててわかったんですが、耐えられる前衛にとってひとりで前にずんどこ出て行くのはたのしいんだろうなぁと思いました。
でもプリの視点からすると、やっぱりどこまでもひとりで走っていける前衛と違うなぁ、と。
プリの身では普通の狩りで壁役をやったとしても、倒せないので結局誰かを待っています。
狩りの延長の感覚で錯覚してしまった前衛がGVで陥りやすい「単騎型」にはプリってなかなかなりえないなぁと。
少なくとも死ぬ前には戻る癖がついていますので、死んではならないとおもったところでめったに死ねません。
アホそうな前衛全員プリやればいいんだヽ(`Д´)ノそうだプリをやろうヽ(`Д´)ノとかは大きな声ではいわないけどさ。
悪い意味ではプリやってる私は保守的なのかもしれません。
ただ自分ではGVで自分の行動には責任がとれるような冷静な判断をしやすくなれるのはプリ経験のおかげだと思います。
通常で既にいそがしいのでGVの忙しさはあまり苦にならないしな( ´△`)
アサ、WIZ、騎士、モンクを抜いて全ての職業をやっていますが、勉強になったのはマジのPスキル、献身クルセ、プリが3本の指に入ると思います。
やってない職業はただ単にスロットがないだけなんだが(´-`)
今日はニブル実装でちょっとだけギルメンと遊んできましたが頭が痛くて途中でかえってきちゃった。
人が少ないと面白いと思います。
頭装備のほうは材料集めなどはまったくしていなかったので、倉庫にあったアイテムでテールリボンと花びらのヘアピンをちゃっちゃっと作って今日はおわりです。
明日からはボス見たりアイテム集めしたりしようかな。
殴りセージでオーラ出してみたかったんですが、ひとりでもっと多くの人を支えたくなってしまったので、やめようと思っていたプリを頑張ることにしました。
助かるかどうかは別として私の自己満足だろうがな多分(*´‐`)
去年の今頃は自分の身の丈より大きなものへ思いをはせることがなかなか難しくて、子供だったと思った。
今も子供なんでしょうが、大学をやめて生きていること全てを勉強にしていこうと思ったことが案外役に立っている気がします。
マイペースで生きることを決めたために、周りへ目のいく余裕がでてきたというか。
私の短所は自分の短所を知っていて好きだということですがそこだけは性格の悪さなので変われないと思います( ´△`)

夏の終わり

なんかGVの日記になって週報のようです。
そういうサイトじゃないんだけどそういうサイトも作ってみたいような( ´△`)
昨日は平井堅と恋に落ちる夢を見ました。
この前は香取信吾でした。
何故かわかりませんがその夢を見るまで別にちーとも気にかかっていない芸能人が夢に出たとたん気になります。
てゆかなんかこっちが好意を持つとあっちも好きと言ってきます。
まるで夢のようです。
夢でした。
今はLovers公開目前なのでそろそろ金城武とかでてくるんじゃないでしょうか。
ここらへんでまたホリケンとか来たらヲタクコント見るたび複雑な気持ちでときめいたりするんでしょうか。
先週のGVGですが、アジト確保はなりませんでしたが、V1の商業値を十分に落とした後移動したB2で一時的にMix・鳩と競合になりいい勉強したと思います。
V1の方はかなりアレな落とされ方をしましたが、人数多い少ないに関わらず油断しまくりだったのがかなり恥ずかしい。
GVをやる上でもいろいろな職業の経験が十分に有効であると痛感しました。
最近のGVではあまりに自慰的というか、感想や自分だったらどうするという意見が多すぎて食傷気味です。
自分だったらではなく他人は何故そうしたのかという部分をわかろうとするほうが建設的だと思います。
GVで自分が楽しめないと思ったら仲間や他人を楽しませようとすると楽しめることもあるかも。かも。
ちなみにクルセそだてるのやめちゃったよーテヘ。
@2キャラ70にすると9スロット全て70以上になるので、しばらくやりたいキャラをひとつずつ遊びたいと思います。

愚痴ばっかですが

お休み前だったのでずっとバイトがつまっていました。
暑い、だるい、きついというのはいつもなんだけども、関西系のオヤジが傍若無人にテーブルを荒らしていったり、関東系のオジンが先に待っている方がいるのにオーダーすっとばしてキレてきたり、もう、あー(‘A`)
もう足洗ってしまってその存在すら忘れかけていたコミケに誘われて、いくことができなくってすいません(;´∀`)
私も一人でいってたんだけどねぇ・・・(ありえない)。
今はなんというかその、芸術論にしかならないけども、いままでの自分のスタンスで書いていたものがただの人物画だったなぁということに対して嫌悪感というか物足りなさを感じて、絵を描くことを休んでいるだけです。
かといって書かなければ書きたいものも実現できないわけだけれども。
未熟さを補うために書く、ということが多分できず。
今は小説を書くことの方に多分に興味が向いているので、2次創作とかはもっと心が豊かになってからやりたい・・・。
sinogu4.bmp
まあこんなことして遊んでいたわけですが。
クルセ作ってました、クルセ。
献身クルセVIT一直線。
kouga.bmp
70歳のステはこんなかんじ。
VIT100を低いLVから実現するためにVITあげてますが、総合88からスタン率ほぼ0とのことなので、一回止めてDEX=INTみたいな感じであげていくつもり。
変にまぞいので狩りはあまり楽しくないですががんばってやってます。
ここんとこGVGのことに関して愚痴しか書いていなかったので、きちんと評論など。
まず、罠について意外と知られていないことがわかったので、いろいろ調べてきました。
・罠設置より発動まで0.4秒のディレイ
・シーズモードでは発動効果時間が4倍(たぶんこれは設置限界だと思いますが)
・3×3マスに効果がありユニット(罠・キャラクター・アイテム・ペットなど)の隣接マスには置くことができない
●○●○●○●
○○○○○○○
●○●○●○●      ●=罠 ○=空きマス
○○○○○○○
●○●○●○●
範囲は3×3マスだがおき方はこのように置くことができる
・アンクルスネアは足止め効果があるが、シーズモードではノックバックがないためヒットストップ効果のある罠で止めないと踏破されてしまう
(´-`).。oO(残影が通った後も何故か罠が破壊されているような予感がしますが)
・罠を設置したハンターが射線の通る場所にいないと効果がない(これはマイン系を置いた際に足止めはするもののダメージがないということらしいです)
・罠を設置したハンターが鯖移動すると罠が消滅する(外れる、ではなく消滅。つまりアイテムとしての罠も残らない)
・ハイドしていても罠にかかる(未確認)
・オブジェクト設置制限に何らかの異常をきたした場合、罠が一時的に見えなくなることがあるが、設置されている場合にはカーソルをあてても表示されず確認がとれる
などなど
罠というのは地味でありながら防衛の要であり時間稼ぎです。
ただ、↑の項目が全て認知されない限りいままでもこれからも効果が最大に生かせない死にスキルと言ってもいいと思っています。
逆に言えば効果を知っていればいかようにも使えるスキルということです。
ハンターを持たない人の認識度が低いのは重々承知していますが、問題はこのスキルを使いGVGに参加するハンター本人がスキルについて知らないということです。
いかに狩りステで参加しているか、がうかがえる結果だとは思いますが、狩りでお手軽に活躍できる反面GVで地味な仕事をナメてかかり適当にこなすというのが増えているため、良質のGVハンターにはついぞお目にかかれません。
罠置きがうまくできない、という原因のひとつに、普段から罠を使わない狩りがあげられていますが、これは大いに関係があると同時にGVと直接関係ないという面もあるように思います。
なぜなら罠を使ったことがないならGVのためだけに罠を置くことを練習すればいいから。
3×3マス効果という理論を鵜呑みにして2マスずつあけて罠を置くハンターは実際「経験不足」であり「努力不足」です。
また、ユニットが邪魔で置けないという原因もありますが、これも基本的に世間の認識が低いためであり、ハンターの努力不足とは言いませんがいかに罠が使われていないかという端的な事実を表す結果でもあると思います。
最近買ったCDをASINで追加できるようなのでお気に入りリストを増やしておきました。

サインげとー

ハイ、恒例のおサボリですねアハー。
7月30日にバイト先に井手らっきょ氏が出没しましたよ!
8月8日に「火の鳥」(原作手塚治虫)という舞台がありまして、それに出演なさる方々がバイト先の隣の劇団で稽古なさっているんですが、井手氏も出演なさるので練習にいらっしゃってるのですよ。
ストレートティーにアップルジュースをシェイクしたお飲み物をゴクゴクなさってました。
そしてサインいただきました。
なんかサインにはクリリンが書いてありました。普通にクリリンにしか見えない自分なむ。
多分井手氏の自画像だったんだってば!
あと井出井出書いてましたが多分「井手」さんです、ハイ。ごめそ。
8月9日のYAHOO配信の番組で、うちのバイト先を紹介してくださるそうなので、そちらの紹介を見た方にドリンクサービスを振舞う予定らしいです。
GVGのほうは前々回にV1を獲得し今週は防衛でした。
暇でした。
皆川ゆかという作家さんの「運命のタロット」というシリーズ小説があるのですが、脱稿したとのことで取り寄せで読んでいたんですが鳥肌が立つ様なエンディングでした。
この人の小説は「ティーパーティー」というシリーズもあったんですが、それも最終巻を読んで中学生のときでしたが頭をガーンと殴られたような衝撃を受けたのを覚えています。
究極の愛ってこういうことだと思う、っていうのが書かれてて、歪んだりひずんだり身震いするような嫌悪感を覚えるような愛し方なのに、なぜか涙が出てきて心に傷を残すような言葉が多く。
今回の隠しコマンドも最終巻でまさか、と思いつつ気付いていたのですが、最後のページを読み終わってやっぱりショックを受けたですよ。
「永遠」と「逆行」と「目に見えないミクロ」と「目に見えないマクロ」を知りたいと思う人にはオススメです。
ただ最初の方廃版になっちゃってるからなぁ・・・全巻手元に置きたいけど売っているんだろうか・・・。
自分の小説の糧にもなると思うので、この方の文章というか思想はものすごく勉強になります。
蔵城緋檻の名前でまだ小説を書いていないのがなさけない今日この頃_| ̄|○
以前使っていたPN(HNではないけど)ではいろいろ身内に見せられないホモとかも書いてしまったのではやく生まれ変わりたい・・・(;´∀`)