ひさびさに

色々編集
フォトアルバムに昔の絵追加
リンクを貼ったりはがしたり
midi更新
別のスペースで就職活動の日記を書き始めましたが、非常に青臭い独自理論(偏見オンリー)をべらべらと書くところなのでイタすぎて・・・_| ̄|○
神経やられはじめているのは確かです。
人的環境がよくないことが大きいんですが、普通一般人の感覚で「あの人うるさい」って評する場合、単に「元気があり声が大きい」ってことではなく、「人格的に必要以上の関わりを持ちたくない、うざい」っていう意味で言うと思っていたのですが、25歳をすぎて「私ってうるさいのーw」って日記に書くような方がクラスにいると頭やられます。
病気だ、過労だ、って日記にべろべろべろべろ書くのは勝手ですが連休の後過労っていっても誰もあんたを鬱病だと思いませんよ、と・・・。
カウンセリングに週1で通ってるとか普通の鬱病の人は恥ずかしくて言えません。
耳障りな会話を聞かされるだけで結構キてるので、そろそろねじ込み時になってきたような気が。
最近は必要にかられて別居している家族に家族サービスをやっていたんですが、暑さのせいか持病の貧血が盛り返しさぼり病再び。
すごく無気力なのと、ギルドの雰囲気が微妙なのもあってROの接続時間が減っていましたが、別鯖で遊ぶことに多少興味を持ち出して今週は割と遊んでいました。
遊んでないで原稿かエントリーシートかどちらか書かなくちゃなんだけど現実逃避がきもちいい。
寝るタイミングを逃すと頭のなかがわーっとなって不眠勃発なので、精々沢山寝るようにしています。
一生起きなきゃいい。
今日のmidiはポロネーズ第6番/ショパン
ショパンは音が多く、超絶技巧的な曲もありますが、雰囲気がよい曲が多いため割と初心者にも選ばれる曲も多いです。
特にポロネーズは古典のきちんとした方式を保ちながらも、ロマン派に近いものからドイツ音楽のような猛々しいものまでさまざまなものが作曲されています。
「英雄」と称された第6番はオクターブ和音の縦の和声を動かしながら、追い立てられるような横のメロディーが荒々しく進行していくところが力強く勇ましい個性を出していると思います。
かっちりとしていて重苦しい雰囲気をやわらげているのはショパンならでわの多彩な装飾音で、バロックでは表現されなかったテンポの自由さ、ロンド形式風の自由な構成で、豪快さと繊細さの込められた華麗な旋律が表現されています。
ショパンの曲の中でも特に名前が冠されたものを好む人も多いですが、その曲の中でも指の力、肉体労働が非常にきつい曲と言えると思います。
余談だけど、映画「T.R.Y」ではこの曲をモチーフとして映画音楽を作成しており、ジャズ風に仕上げられたサントラが逸品。

広告

ひとりのせいかつ 続く

●この書き方、気に入ったかも。
●最近ocnの方がサーバ・回線共に非常に調子が悪いので、blogは勿論ROもあんまりやっていません。
●ROの意欲は回線障害のせいもあるですが、ROプレイヤの下衆さというかなんというか今更だけど萎え。
 リアルで出会ったら確かに悪い人はいないかもしれません。
 でも本能レベルで我慢できない下衆な人格や価値観しかない人が目に入るだけで気分を害するのは仕方がないことだと思います。
●自分でも結構きつい人間だと自覚していますが、仲良くなったらむしろ尽くすタイプかも。
 周囲の人にはたぶん、「黒か白かどっちかじゃないと許せない許容範囲の狭い女だな」とか思われているかもしれませんが、その認識は結構違うわけで、黒白つけたいわけでもなんでもなく「人間として許せないことをひとつでも見出したら許さない」というさらに簡単な生き方をしているわけですが。
 ニュートラルな時点での私はどちらかというと人見知りで、必要以上に相手の態度を窺うような日本人の典型だと思います。が、勿論相手がそれほど上等な人格じゃないなと感じたら警戒を始めるわけで。
 人間関係に悩むというより、付き合う人間を選べない環境の方にストレスを感じるときのほうが性格がきつくなるので、自分のためにも周囲のためにもROで遊ぶことは常にバランスを保っていかないと続かないと思います。
●自分が「上等な人格」に値するとは爪の先ほども思っていないわけで、他人批判した分裏で反省したりこっそり動いたりしますが、そういう自分を見られるのがイヤなのできつい人間という評価を受けるほうが生きていてたのしい。
●相変わらず続くクラスのキモ女(きもじょ と造語したいくらい)ですがマビノギをはじめたようですね。
 どうでもいいけど実習の時間にblog更新するのもキモいしいちいち大声で叫ぶのがテラウザス
 あと汗かいてないのに鼻全体が脂でこってり光を発しています。見るたびびっくりするから拭いて欲しい。
 近づくなオーラを発しているためまだ接触されていないけどそろそろ騒音で訴えたい耳障りな声は聞かされ続けています。
●最近、Def TechというユニットのCDを買いました。
 レゲエとか全然ダメなんです。音楽として認めていないということではなくて、音程やフレーズを考える余地のないあのスタイルが苦手なんです。
 が、横浜タイヤのCMで使われているmy wayという曲は何故か気に入ってしまって、シングルカットがなかったのでアルバムを買ってしまう。
 その曲は素敵。なんだけど、日本語のテクニックと英語のテクニックのギャップがそのまま存在する曲なので、クオリティは高いけど聞いていて疲れる。
 アルバムのそれ以外の曲も、完全にレゲエというわけではないけどもやっぱり聞いていてきついので、車のBGMなんかにしたら軽く聞けるんじゃないかと思いつつ、レゲエの聴き方が未だにわかりません。
 インディーズのAMADORIという人のCDも買いましたがそれはまた今度にでも
●あと、リヴリーはじめました。
 必要以上にハマっちゃったかも。
 アホみたいにかわいがっています。ROを引退していいくらい足突っ込んでます。
 私のリヴリーのおうちはこちら
http://www.livly.com/mypage.php?uid=20fr&s=5
 みそしるかわいいよみそしる
 これからはリヴリー日記も書いていこうと思ったり思っていなかったり。
●とりあえず、5月は色々やることがある割りに出遅れそうな予感がするので、ROは控えつつ体力をつけていこうと思います。
blogのほうはあまり書くことがないので、ses鯖の人が来ても面白いことないです。すいませんね。
セージについてのテキストの方は、実はかなり前に出来上がっているのですが、プロフェッサーの考察が一切ないので放出しようかどうしようか悩んでいるところ。