BonniePinkのこと

異種の投稿。
興味ない人はすっ飛ばした方が時間を有効に使えるかもしれない。

—————————

今年デビューしてから10年目のBonniePinkというアーティストさんがいます。
「嫌われ松子の一生」に出演したことで今年は注目度が上がり、その後資生堂CM「ANESSA」にて発表した曲が彼女の人生で恐らく一番というほど売れに売れ。
発売中のベストアルバム「Every Single Day」は60万枚を越える売り上げだそうな。
私も買いました。

私がこの人のCDを聞き始めたのは99年くらいからです。
当時の新曲「金魚」あたりからプロモがきっかけで聴き始め、ベストアルバム「Bonnie’s Kitchen #1#2」でかなり好きなアーティストになったのを覚えています。

で、当時のCDが懐かしくなりひっぱりだして聞いていたんですが。
うまくいえないんですが、彼女の今までの音楽と、今年大衆に消費されている音楽は根本的に異質だなぁと感じています。

私の個人的な持論に「コアなアーティストがオリコンに載ったら注意しろ」っていうのがあります。
要するに、大衆が「消費したい」と思うような音楽が本当に音楽として質が良いかどうか、ということについて疑問があるわけなんです。
勿論、プロモーションの努力により認められるようなアーティストもいると思います。
DefTech、アジカンあたりなんかは、音楽性そのものは変えずに知名度があがった代表的なアーティストじゃないかなぁと思うのです。

で、今年10年間で一番売れたBonniePinkの音楽について。
個人的に、あくまで私の超個人的に、今までの音楽性との齟齬を感じているわけです。
今までの音楽についても勿論音楽性の変化を感じることは多かったのですが、それでも「消費」という名の安易な音楽性はなかったと思っていたのですが(曲それぞれに違和感を覚えることはあっても)。
私はオリコンなんかで一時的に大量消費されて、その後思い出されるときに「~枚売り上げですね」っていう言葉で片付けられるような音楽に悲哀を感じているんで、今年のBonniePinkの曲には危機感を覚えています。

私はそれほど古い頃からのファンではないんですが、
①古くからのファンの人がEverySingleDayを聞いたとき
②BonniePinkのCDで初めて買ったものがEverySingleDayな人が聞いたとき
のパターンでどちらも違和感を感じたとしたら、やはりよくない気がするのです。
例えば
①のパターンで「EverySingleDay」のDisk2を初めから聞いていって、「Love is Bubble」とか「A Perfect Sky」で違和感を感じるとか。
②のパターンで「EverySingleDay」のDisk2を初めから聞いていって、「Love is Bubble」とか「A Perfect Sky」の手前で既に違和感を感じるとか。

この違和感の正体は、「大衆に消費されることを前提としない音楽」から「大量消費されるかもしれない音楽性」への転換期が一切ないことに起因すると思うのです。
前者を好んで買っていた人は、これからのBonniePinkの音楽について不安を抱えるでしょうし、後者を好んで買ってみた人は、今までのBonniePinkの音楽について不満を覚えるもしれない。

何よりもBonniePink本人が、まったく自覚も意識もせずに「消費されるための音楽を書かなければ」=「売れるような音楽を書かなければ」と書いてしまった結果、それが売れてしまったとしたら、やはりこれからどんな音楽を書いてしまうのかということが心配でたまらないんですよね。
私は彼女の音楽を聴くときはそのままでよかったのに。

ということで、ベストアルバムと銘打つからにはやはりそこらへんの音楽を選別するわけにはいかなかったんでしょうけども、今年の音楽は今年のものとして独立させてほしかった。
この音楽性が今年だけにとどまるならばBonniePinkを買い続けることはできると思うのですが、今後続くようであれば「その音楽は私が本当に聞きたい音楽か?」ということを考えずに買うことはできなくなると思うのです。

——————————

CD買うのにちょっとおおげさじゃない?って言われる私の音楽観なんですけども。
現在主流になりつつある「1曲ずつダウンロード販売」は美学に反するのですよ。
CDという一枚のそれが、そのときのアーティストのひとつの作品だと感じるタイプなので。
ジャケ買い、タイアップ買いもしますけども、シングルカットの曲のためにアルバムを買うのはなんとなくいやなので、やっぱり特殊なのかも。

ちなみに今年のBonnieのCDに関しては、表題作はともかくカップリングは今までの音楽性が維持されているのでますます違和感があります。
「流行してる」っていうだけの理由でCDを買ってしまうことについて非常に嫌悪感があるので、BonniePinkには悪いんですがやっぱり今までのコア路線の方がうれしいなぁ。

結論としては「今年のBonnieさんどうしちゃったんだ」という感じ。
いや決してよくない曲というわけじゃないんですが。
この曲を書く必然がBonniePinkに与えられる必要はなかったという感じがします。
ややこしいけど、「Bonnieじゃなくて他の人がこの曲を書いてもよかったんじゃないの神様」って感じなのでした。
消費されてしまう音楽は、消費される音楽性を持つ人が書くべきと思う。
うーん、不完全燃焼。

例えば、「A Perfect Sky」が売れなかったとしても、音楽性に違和感や危機感を覚えたという類の話。
実際に消費されたかどうかではなくて、アーティストが何を狙ったかということについて齟齬を感じているんだと思うんだけど。
自分の音楽観がそもそも正常かどうかということは恐らく誰にもわからないため、やっぱりうだうだと悩んでいるのはしょうがないのかもしれません。

なんか変な話になっちゃった。

あー死ぬかと思った

ひさしぶりのマイペースひとりのせいかつです。
ひとりのせいかつはやはりマイペースでないとやばいことを実感。
でも今週は割とさらっと終わりました。
ぶちょーがお誕生日だったせいなのか。それとももう投げやりなのか。
金曜日7時半に帰れて泣きそうになった。

ということで今週一応結合テスト前でFixですた。
が、下請けの下請けのs(ryみたいな感じなのに、ほぼ全ての画面を作らされていたもんで、「さすが新人」みたいなバグだらけ_| ̄|○
落ちるバグはほぼ全て(誰かが検出してくれたやつを)取って出したつもりですけども。

しかも当初はFrameworkのDataGrid→
そいじゃ無理な難題をぼかすか言いつけられる→
チーフが外部出向が決まり投げ気味になり、早く仕上げて欲しかったらThirdPartyのGrid購入しろやゴルァとねじこむ→
じゃあThirdPartyのGrid→
前回のバージョンアップにも関わらず要求定義に乗っていない仕様がどんどん増えていく→
そもそも言われる仕様が概要仕様書にも画面定義書にも載っていない謎→
作ってる傍から仕様変更、その仕様がシステム的におかしいとうちの部長がつっこむと再変更、その後更に戻せとか色々変更→
謎な仕様が届いた場合の部長のセリフが固定「妄言だ妄言」→
Gridの選択に関してせこせこ書いたやつを写すからはやくコード送れといわれまくり、バグ直す時間がない・・・_| ̄|○→
あーがんばったもういいやハハハハ今日は早く帰ろうぜ ←いまここ

新人2人+プロマネ役の部長+出向したけどプロジェクトを見てくれるチーフの4人でやってたんで、デスマーチとか経験しようがなかったんですが。
そもそもうちの会社は人数が少ないので個人がなんでも屋になってるから、それはそれで面白いんだけど体調がきつかった。
徹夜とかは絶対しない職場で助かったんだけど、夏+睡眠時間6時間未満は持久力が0の私は体壊しますわ。
平日5日間の睡眠時間が30時間切って、気温30度越えて、さらに貧血気味になると錯乱がはじまるですよ・・・。
晩飯抜きが当たり前(睡眠時間確保+食ったらRebirth)の上朝も昼も食えなくて会社のデスクはリポビタンとお友達という、なんだか本当に忙しいプログラマみたい!とか思って自分で愕然とした。
最初は残業は自分の仕事が遅いせいと思ってたんですが、後半はマジで前バージョンのバグなおしと増える仕様変更にイライラしてました。
プロジェクトはなんとか依頼元に戻ったらしいので、夏が早く終わればいいなぁ(遠い目)。

夜8時すぎたらゲロらない程度におやつを食べていたので、最近は割とおやつ見てます。
普段は本当に一切食べないです。おなかすいたらおにぎりとかスープとか_| ̄|○

・ハーベスト焼き栗味(期間限定)/東ハト
東ハトはお菓子あんまり好きじゃない自分もクオリティ高いと思ってたけど、これは輪をかけておいしかったです。
春先には抹茶味が出てて、それもなかなか苦味が効いてておいしかった。
焼き栗味つっても甘さを全面に出す感じじゃなくて、素朴な味なのに歯ごたえは薄いビスケットで高級感。
量もかなりはいってるのでおすすめ。

・クレモサストロベリークリーム/森永製菓
チュッパチャップスにアイスクリームをかけあわせたというコンセプトらしい。
CMで見てすごい食べたかったんですが、しばらく見かけなかったので諦めかけていたら売っていた。
通常のチュッパチャップスは棒付き丸出しで50円なんですが、これは棒付きのままではなくて縦長の小さめのパッケージにはいっていて見つけにくい、60円。
ちょっとミルクくさいため牛乳や生クリームが食えない人はダメっぽいですね。
私も生クリームが食べられないので口に入れた瞬間ちょっと後悔しましたが、何かやりながらだとそこそこ美味。
太りそうな味ではありますが、砂糖を使わずカロリー30%オフらしいので大丈夫らしい。
従来のチュッパチャップスより溶けるのが早い気もします。
社会人たるもの、チュッパチャップスが口からはみ出していたらいかんと思って仕事中にはどうしても挑戦できなかった一品。

・ねりりかんでしみだす梅ねり/NOBEL
これは塩部(*)の皆様には是非食って欲しい。
見た目はピンクに赤いぶつぶつが混ざった、1cm四方の切りアメみたいな感じでいまいち不気味だけど、口に入れるともうおいしくておいしくて。
味としては塩味があって、それにしそ風味梅風味という感じです。
私は梅好きですが、梅の中でも塩っぽいやつが好きなのですよ。
うちの母などは甘い梅が好きとかなので、これはもう完全に好みによるとは思う。
けども、梅そのものを食べるより大げささが減るし、食べやすいしでかなりはまりました。
結構硬いので小さくてもしばらく食べてられるし、甘いものが食べ続けられない人はいいと思います。
類似製品としてチーズねりとかこんぶねりとかあるらしい!
ちなみに通販で箱買いしてみました。一日に1袋~1.5袋くらい食ってしまうので。
一袋126円。30粒くらい入ってる。

*塩部→甘部と対極に位置する。甘いお菓子より塩っぽいお菓子、いやむしろおつまみ的なものがいい。そんな人が自動的に(強制的に?)属する属性。
亜種として酒部(酒のみ)、マヨ部(すべてがマヨになる)、無味部(後味恐怖派)があるらしい。
というのが私が高校生のときの仲間内のもっぱらのうわさだった。

ということで、現在主に口に梅ねりが突っ込まれています。
午前中から食べています。汗で流れた塩分補給と自分に言い聞かせてますが、どうみても中毒です。
仕方がないためチーズねりとやらも非常に美味だそうなので、大人買いします。

———————————–
最近グラナドもめっきりやってませんでした。
ちょこっと繋ぐと音楽ばっか聞いちゃって狩りどころじゃなくてダメなんだけど。
チケット特典のサントラがやっと発送されたらしいため、小躍りしていたところです。
すごい楽しみです。
クライアントから聞けそうなもんですが、どこかのファイルに入ってしまっているらしくゲームに繋がないと無理なんですよね。
どっかのdllにでもはいってるんだろうか。

久々に繋いだのでポルトベルロデッキに1軍(46スカウト、43マスケッティア、43ウォーロック)でいってみましたが、2軍の苦戦具合に比べたら非常に快適に狩れました。
ウォーロックはポゼアイスでいったんですが、うっかりフロス
クラウドを多用すると確殺できないモブにたかられて死ぬので、ディレイに気をつけてデリュ使った方がいいかも。
マスケはダブルガンズはひそかに強化じゃないかと思ってます。
やばいときブラッディオーバードライブ(RIP未取得)でどうにかなったんで、貧弱だった前バージョンよりは実用性あがったんじゃないかと。
ただし、やはりコンセ多用かインテを通すかでまた変わって来ると思うので、チームのメンバによって持たせるスタンスは色々あったほうがいいかもです。
多分コンセ+ウエストレイドのほうがいいんだろうけど貧乏なんでうちははぶいてるし・・・。
スカウトがレベルが高い場合のダブルガンズはいろいろ爽快。ということで楽しく使ってます。

結論としては、自分のレベルより低いモブを延々狩続けるということにやはり落ち着いてしまいますねー。
急いでレベルをあげたいときなど、前バージョンはちょっとレベルの高いところで死にながら狩るという感じだったですが、すっかり逆転してしまったのを体感。
個人的に35から40までが今まぞい・・・_| ̄|○
前のバージョンで暇なうちにもっとあげておけば楽だったかもと思いますが、まあちょこちょこ繋ぎたいと思います。

————————————-

UDONの番宣ばっかやりやがってうまそうなんだよという愚痴。
麺通団って新宿にあるんですね。
おいしそうなので今度いってみようかな。