[ひとりの]おめでとう

昨夜なんだか寝付かれなくて、朝4時まで「龍が如く」でキャバ嬢を口説きまくって落としまくっていました。こんばんはこんばんは
そんなわけで今日は早く寝なきゃなんですが、かなり嬉しいことがあったので書かずにいられない。

私が中学生の頃、私の通っていた学校は市立の学校で、進学率が高い状態でありながら市内で最も凄惨を極めたと言われる学年に所属していて、つまり学校はめちゃめちゃ荒れていました。
極道のチンピラになった部活の先輩が放課後やって来て、17時までに5万集めないと部員を全部ボコるとか。
受験ノイローゼで亡くなったお兄さんを持つ子を、いい気味だとバカにするヤツがいて喧嘩になるとか。
そのバカにしたやつを学校傍の公園トイレに1昼夜監禁して、少人数でこれまたボコるとか。
私は幸いそういう嵐に巻き込まれずに済んだものの、当時は酷く荒んでいたらしく、しかし同時に自分にとっては感性が人生で最も尖っていた時代だなぁという風に感じていました。
当時選んだ音楽は今もいい音楽だと思いながら聞いているし、当時培った技術や知識は音楽に携わる間非常に役に立ちました。

2年のときは人間が酷く嫌いで、誰かに殺意を抱いてしまわないように気配を殺して生きていたんですが、3年になって曲りなりにも気の合う友人と言える同期を得て、中学3年の後半は荒んでいた中学生活の中でかなり思い出深い時間だったと思います。
その友人の中に、登校拒否気味の変わった男の子がいて、週に1回逢えるか逢えないかという彼と付き合うようになったのはなんでだったかな・・・。
多分普段つるんでいた子と同じ部活で、しゃべっているうちに同じクラスということもあって仲良くなったんだったと思います。

私は中学は剣道部に入ってしまったんですが、彼は吹奏楽部でベースやピアノを受け持つ非常に音楽好きなやつで、とりあえずいろんな楽器に手をつけてきた私から見ても完璧な感性の持ち主だったと思います。
声変わりスレスレのよく通る声で、女の子より音域の高いボリュームのある声域の歌をよく歌っていたりして、彼が珍しく学校に来ると廊下が騒がしくなるので非常に分かりやすく。
彼の感性は個性的でありながらかなり繊細で、そのレベルのすごさは一般人が引いてしまうくらいだったと思います。
音楽の授業が始まる前5分程度で、グランドピアノでglobeのトランスMixがやれちゃうとか。
一般人はショパンでもないのに一秒間に4個以上の音出そうとしませんから・・・(;´Д`)

彼のインパクトある記憶は音楽面だけにとどまらず、彼はかなりの変人でもあったので笑えるエピソードが大量にありました。
正直、「変人は集う」という内容に載せるべき人だと思わずにいられなかったので書く予定でした(‘∀`)
帰り道雪合戦を始めたら、夢中になりすぎた彼の手のひらが切れて出血、ひるんだところに集中攻撃を受けて近くの電話BOXに立てこもり「ATフィールド!」(当時エヴァ全盛)と妄想展開している最中に、温まってきた電話BOX内で彼の頭から出ている湯気を目撃した記憶は私の中でレジェンドです。伝説と書いてレジェンドです。

そんな彼とは高校は分かれてしまったんですが、高3の卒業期に彼の初めて作った自費製作CDの話が回ってきて、中学の頃から「オレはBIGになるんだ!」と言っていた彼の有言実行の根性を懐かしく思い、友人ヅテでしたが有難く一枚買わせてもらいました。

そいで、本日もCD棚を整理しながら飽きずに聞いていたそのCDをまたまた懐かしく思い、「あいつBIGになったかなぁ」と冗談交じりにgoogle先生に彼の名前を尋ねてみたのでした。

・・・ちょ、BIGになってる((( ;゚Д゚)))

とあるバンドのキーボードとしてCDリリース済みでした_| ̄|○
そのバンドは既に脱退してしまったようですが、邦楽のキーボ使いとしてそこそこの評判になっている彼の知名度に度肝を抜かれたりして。
中学の頃の入れ込み具合を知っているだけに、ヤツは自分の存在意義に10年も昔から気付いていたんだなと思うと尊敬の気持ちでいっぱいになります。
とはいえ、彼にとっては楽なことではなかったでしょうし、中学生の頃の彼がいくら楽しそうに笑っていても色々問題を抱えていたであろうことは知っていたので、当時の自分が彼に何もできなかったなぁと思うと色々複雑です。
これからも楽しく音楽をやって、生きていてくれるといいなあと思います。
おめでとうがんばれよーヾ(o゚ω゚o)ノ゙

といっても彼が私のことを覚えているかどうかもわからないし、勝手に何か書かれるのが困る立場かもしれないので名前は書きません。
私の自己満足ですが_| ̄|○
ホームページを見てる限りは、彼は中学生の頃からあまり変わらずに気持ちのいい人間として生きているようなのでいいことだなぁと思います。
昔の知り合いがこういう風に楽しげに生きているのを見ると、私もがんばるぞーという気分になるから不思議ですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中