[DS]もぎチン

新しいカテゴリが追加されましたよ!
ということでニンテンドーDSの話題。

もぎチンやってます。

つかんでひねってもぎもぎ~(*’ω’*)という男性に致命的な方法で乱暴しようという下品な発想ではないですよ!(下品なのは誰か)

もぎたてチンクルのばら色ルッピーランド。

購入のきっかけは、パッケージでもゲーム内容でもなく、開発会社なのです(`・ω・´)

かつて、プレイステーション1のゲームに「MOON」という秀作がありました。
大学1年生のときにそのゲームに出会い、私がエンディングまでクリアした数少ないゲームのひとつになりました。
ゲーム内の仕様で、集めると聞くことができるムーンディスクというオリジナルサントラに非常にはまり、限定ボックスを買って今も大切に聞いています。

「MOON」のサイト、およびその開発を行ったLOVEDELICは今はもうありません。
2001年に「SKIP」「VANPOOL」「PUNCHLINE」という3社に分割され、以降はLOVEDELICの系譜として3社の作るゲームに面影が残っています。

「MOON」はもう子供ではなかったけれど大人になりたくないなあと漠然と感じていた私には、非常に印象に残るゲームでした。
正義の名の下に経験値を求めて動物を切り殺しまくる勇者、残された動物たちの魂、それに答えて動物の魂の救済を行う主人公。
かといって悲痛な世界観でもなく、しかしバックグラウンドになにか不安を抱えた主人公の存在や、虚構とわかっていながらものめりこむ現実感に、20歳になっていなかった私の生命観は非常に影響を受けました。
結局オケのファゴットのN木さんに貸して帰ってこなくなって数年が経つわけですが(√LL

そいで、今回の「もぎチン」はLOVEDELICの系譜の1社「VANPOOL」の開発したDSのゲームソフトなわけです。

35歳の妖精チンクル・・・。(多分「tincle」?)
「MOON」の系譜とは言いがたい、ブサイクな緑色の全身タイツのおやじ・・・。

でもやってみてわかりました。
細部がどうしても「MOON」を思い出すのです。
移動するチンクルの頭がひくひくうごくところとか、登場人物のボイスがMOON語(逆回転風の高速言語っぽい劇中音声)なところとか、登場人物のぎこちない移動とか。

35歳のおっさんのゲーム見ながら涙ぐんでいる私もどうかと思いますが。

今回はおっさんの運命を握るのが、劇中の通貨「ルピー」というゲームなので、ケチっぽい作業を延々と飽きずに夢中になってこつこつやる人に向いているかも!ていうかそれ私・・・。

LOVEDELICを愛した人には非常におすすめです。
もちろん、VANPOOLとしてのテイストとしても楽しめると思います。
チンクルの声が倉しまさんなところとか。

と、追記気味になってしまうのがアレですが、NEWマリオも買いました。
実はあまりちゃんとマリオをできない私。
ニホンゴおかしいですが、家にソフトがあったってうまくなれない小学生もいます。私ですが。
1面からクリボーにぶつかって、谷にナチュラルに落ちる小学生もいます。私ですが。
DSになっておとなになってNEWになって何か変わるかと思いましたが、相変わらず空の面では落ちて死にます(√LL
セーブができる場所が決まっているため、そこまでいけずすでに投げ気味

現在もっているDSソフトは
・ポケットモンスターダイヤモンド
・おいでよ どうぶつの森
・もぎチン(あえてもぎチン)
・NEWマリオ
の4本になりました。

ゲーム屋にいってはじめて知ったんですが、「あらしのよるに」などの企画ものっぽいゲームもでているんですねー。
ぜひ良作を発掘したいところ。

ポケモンは今エムリットの捕獲に苦労しているので、他の種類を育てつつGTSにだしていきたいところ!(まだ出したことないんです・・・)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中