[書籍]竹易てあし(沙村広明)/おひっこし

おひっこし―竹易てあし漫画全集 (アフタヌーンKC) おひっこし―竹易てあし漫画全集 (アフタヌーンKC)
価格:¥ 550(税込)
発売日:2002-06-21

無限の住人を人に薦められて読み始めた頃に買って以来、恐らくずっとマイブーム。

・「まさにツェノンの背理!」「何がツェノンだ(でも歌詞にしよう)」
・お前を愛す ICE YOU
・幼い頃から自分を捨てた男に対する恨みつらみを聞かされ続け
自らも自然とまだ見ぬ父を憎むようになっていたカレであるが、
いざ、抜き差しならない状況に追い込まれてみると
「…えーと…それでオレの残りの人生はどうなるわけ?」
という疑問がフツフツとわきあがってくるのだった
・「日本じゃ女を口説くにもインフラ整備が必要ってコト教えてあげないと」
・(こわいよ赤木さん)(マグ・マグ人?!)
・好きな呪文はザラキ 嫌いなモノは「お前のような女」です
・「太平洋の波に毎日もまれてEカップになって帰ってきます」

名言と美しい歌詞だらけで、
むげにんのシナリオとはまた別なむちゃくちゃな世界観なんだけどハマる。
大学これだけ楽しかったらちゃんと行ったと思うんだけど。
表題作の他「涙のランチョン日記」も面白い。

沙村広明は画力もあるんだけど、
こういうむちゃくちゃなマンガ書かせたらカオスなのに一貫していて面白いと思うんだけど、
もっと書いてくれないもんですかね。

[ひとりの]引越し作業中、趣旨について

前回から1ヶ月強経っておりますが、去年同様エアコンのイカれた部屋で熱に浮かされたままこんにちわ。

現在引越し作業中。

さて、引越しに伴いOCN以外に移行することを考えて、はてなダイアリーの方にArchiveを作成したのですが、生憎そちらは使わずに済みそうです。
OCN続投となりました。

今年の5月でこのブログを5年続けていることになります。
といっても、記事の数で言うと一年に50日以上書いているかどうかが不明なくらい不精なんですが。
最初はRagnarokOnlineの記事として出発したこのブログも、ROを中断したり、わたしが自分のことを何重にもオブラートをかけた状態で記述するのに抵抗が出てきたこともあり、趣旨を変更することにしたいと思います。

思えばROblogとしてあまり逸脱しないように、とゲームのことを楽しく書こうと思っていたのですが、愚痴や気まぐれの溜まり場になってしまい当初の目論見は見事に失敗したというか、
わたし自身がこのような形式で書きたいことを書きなれていないんだなーと痛感しました。

このblogを開始する遥か以前になりますが、手書きのHTMLサイトで同名の「低気圧ボーイ」という、身内向け(大学の友達とか、ROのごく初期の知り合いとか)の日記サイトを作っていました。
Twitterを始めてそのサイトのことを思い出すことが多くなり、「あー、今のblogの書き方慣れてないし自分に合ってないんだ」とひしひしと感じました。

就職、ROの休止+中断からいろいろありましたが、現在の自分は芯が通った状態で安定できたと思います。
その経過についてはいつか書ければと思いますが、とりあえず内緒です。

以上が今回の記事で書きたかったことになります。
これからどうするの?ということについては、blogはtwitterの延長として素直に記録できていければいいなあと思います。
といっても現在手をつけているサービスが多く、プロフィールに記入している通り、Twitterを中心としてTumblr、Flickrなど、自分の記憶に留めておきたいものたちを記録する手段は分散してしまっているのですが、blogも書きたくなったら書くというスタイルは変えず、ただもう少し思考をまとめた状態で書きたいと思います。

元々敬体で文章を書くのには抵抗があったので、つぶやきのようなものになってしまうかもしれないですが。

まず、今急いでやらなければいけないことは引越し作業です・・・。