[その他]レイアウトの効果

本日は完全に自己完結する話題を述べると先に書いておく。

実は、わたしはこのblog=「Blog人」をずっと使ってきているが、
このBlogのレイアウトがだいっ嫌い
なぜなら、本文部分のwidthが自由に広げられないから。

User.cssを書くという手もあるんだけど、サイドバーの機能に不満はない。
本当に本文部分のwidth幅だけをどうにかしたい。
そんなことのためにいちいちスタイルシートを書いて検証したくない。

レイアウトの効果というのは本や新聞に見られるとおり、
ものを読むときに絶大な効果を発する。
レイアウトがよくない、読みにくいというだけで
打ち捨てられる文章はいくらでも転がっている。

レイアウトの効果は、実は書くときに既に発生している。
既に、わたしはこの本文のwidthが変更できないことで、
改行に気を使って書くというフラストレーションを抱え込んでいる。

本当は、無意味な改行は好きじゃない。
Webで掲示板に書き込むときのように流し読みに気を使う場合は別だけども、
自分のblogくらい自分の好きな改行をしたいしさせてほしい。
でも今のこの限られたレイアウトでいつものとおり書くと、
恐ろしいほどの読みにくさと苛立ちが発生する。

上記、本文で協調のBタグを使っている部分のためだけに、
わたしはBlogを書くという作業においてめちゃくちゃ苛立っている。
それこそ歯軋りしている。

かといって、画面いっぱい横いっぱいwidth100%のblogもいただけない。
Webデザインのアクセサビリティの推奨では、600pxくらいが良いとされている。
低い解像度でも安定して読めるし、
余白があることで目が移動する距離が減るので疲れない。
上記のデザインパターンにはわたしも大いに同意しているし、
左側に寄せてレイアウトしているサイトは好きだし見やすいと思う
(派手なデザインサイトは除くとしても)。

以上のことをあわせて考えても、
中途半端なのである。
カスタムパターンでこの程度に中途半端なので、
如何に致命的にレイアウトが殺されているかは想像してもらえると思う。
User.cssを書いてもいいんだけど
このレイアウトのバカさ加減のせいで!という怒りが先に立ってうまくいかない。

OCNさん早いところデザインぶっ壊してください。

このBlogの読みにくさは、勿論わたしのせいというところが多大にあるのだけど、
「読みにくいBlog」というものに出会ったときは
その利用しているBlogのデザイン、レイアウトにも原因があるかもしれないと
少し甘やかしてやってほしいな、と思うことがある。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中