[書籍]秘密を持ち歩くには

秘密(トップ・シークレット) 5 (5) (ジェッツコミックス) 秘密(トップ・シークレット) 5 (5) (ジェッツコミックス)
価格:¥ 820(税込)
発売日:2008-07-29

実は読みかけなので、ストーリーそのものは全部読みきってない。
一冊が通常の単行本より厚くて豪華なのもあるけど、
毎回購入するときの覚悟が必要な作品。
何故「覚悟が必要か」という点は追々。

わたしは「少女誌」とか呼ばれる、いわゆる少年誌以外に分類されるマンガが酷く苦手だった。
この苦手意識は4歳くらいで「鉄腕アトム」とか「三つ目が通る」とか、
手塚治虫を自分で選んで買ってからずっと続いている。
何が苦手かというと、
・絵のふわふわ感、白っぽさ
・無駄な心理描写
・話のネタが恋愛しかない(これは最近は改善されているように思うけど)
・主人公はまったくモテない女か、男が道を築くほどモテる女
というのがわたしの主観のなかにあり、
それが偏見だとしても実際に読むのがしんどいので敬遠していたのであった。

その中にあっても清水玲子の書くマンガの世界は上記の条件から大きくブレていて、
とにかく「輝夜姫」をゆっくり読んだりした。
清水玲子のマンガのどこがいいかというと、
・美形しか出てこない
・ユニセクシュアル、クロスセクシュアルなキャラクターが多く、
物語のイベントを演じるキャラに性差がない(女の子が男の子の役割をやってしまったり)
恋愛がメインテーマじゃない
・ミステリー、ホラー、サスペンス要素が大きい

上記の太字部分の性質がわたし好みだったことが大きい。
もうわたしは恋愛を語るようなマンガを読みたくなかった。
人から借りる本全てに「彼はわたしを好きかしら?」とか、
「わたしは彼が好き!」とかそういうセリフが含まれるのが本当に苦痛で退屈で仕方なく、
そういうものを排除できないから少女漫画が嫌いなのだと思っていたが、
清水玲子の漫画は大好きになった。

ここでひとつ疑問があって、
清水玲子の漫画は少女漫画として認知されているんだろうか。
わたしの主観では「少女誌」というやつに連載されているので、
少女漫画に分類されるのだと思っているけども。

前述の「輝夜姫」は、
ぐや姫の子孫とそのイケニエになった子供たちが
自分たちが生き残るために、用意されたシナリオの破壊活動に奔走する、という話で
自分でわかっているけどこんな説明では話をぶち壊しにする。
長編なのでここで書き始めると無駄に行数が必要になる上難しそうなので、
wikiだけ貼って雰囲気が分かるといいなということを期待する。

輝夜姫 -Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BC%9D%E5%A4%9C%E5%A7%AB

この「輝夜姫」の連載はずいぶん昔に終わってしまい、
その後わたしはまた少女漫画と呼ばれる部類は買わないし読まないという生活をしていた。
「ハチミツとクローバー」がドラマ化するに当たってぱらぱらと読んだりしたが、
やっぱり一回読めばおなかいっぱいというか、
うだうだ続けるけども割とどうでもいい漫画だと思ったりした(面白いけど)。

そんな刺激のない生活にこの「秘密」が飛び込んできたのでありました。

「秘密」は深夜アニメ化ということで、コンビニで売っていたのを
「わー清水玲子だ」という何気ない気持ちで手に取ったんだけど、
はっきり言うと、読むと後ろめたい
精神的に来るものがある。

この作品の「秘密」というタイトルに全て込められている通り、
読んではならない、読まれるはずではなかった「秘密」から謎解きができるという、
そのテーマに尽きる。
何故「秘密」が暴かれてしまうのかというと、
死亡した人間の「脳」を覗くことができる技術が開発されたという
重大なイベントから始まるストーリーだからだ。

秘密  -Wikipedia
※詳しくは「MRI捜査について」の項で
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%98%E5%AF%86_%E2%80%95%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%E2%80%95

初めて読んだときは戦慄した。
何にか、というと、自分の持つ秘密の大きさに。

普通に暮らしていても、人に見られてはならない秘密をたくさん持っている。
犯罪、という意味でなくても、生きていることそのものが人間にとって秘密を持ち歩いていることと同じだと思った。
死んだから、もう生きていないから、秘密は消滅したと思っていても
MRI捜査が実現してしまえば、生きていたということを消せない。
自分が死んだ後、自分の全てが見られてしまう。
死んでいるから、秘密を消せない。

作中では、自分の死んだ後に脳を見られる可能性のプレッシャーに耐えられずに
頭を打ち抜いて死のうとするシーンが多くある。
でも、
かにわたしもそうすると思うのだ。
例え死ぬ前のたった5年間、その映像だけを誰かに見られるとして、
自分が死んでいたとしても耐えられる自信が無いから。

勿論、フィクションだ。
自分が死んでも脳を見られる心配など、現実にはない。
でも、一度この作品を読んでから
「秘密を持ち歩くにはどうするか」ということが頭を離れなくなった。

秘密はないほうがいい。
人が抱える秘密故に、殺したり殺されたりすることがあるかもしれない。
自分の脳の中身は自分だけのものと思わないことだ、
と思っていたってこうやって生きてものを見ている限り秘密は蓄積されていく。

殺したり、殺されたり、見たり聞いたり、
逃げたり、騙したり、やってはいけないことをしたり。
近親相姦、傷害、道に外れた恋愛、復讐、逃亡、殺人。

非常にスキャンダラスでショッキングな内容なので、
耐性がない人は安易に購入しないほうがいいと思われる。
初巻が刊行されたときは品切れ続出だったそうだけど。

下世話な話にすりかえれば、
人の秘密を見ることができる話、というのは
もしかしたら最高の愉悦かもしれないから。
わたしのように一方的に自分の脳を見られる可能性に戦慄する人間がいれば、
もしかしたら他人の脳を覗く話を楽しめる人もいるかもしれない。

1冊読むごとにいろいろ考えがめぐるので、
まとめて買えない。
思えば少女漫画の話から遠くはなれてしまったけど、
それだけ、その分だけ、清水玲子の描くサイエンス・フィクションには
魅力があるのだと思う。
1冊買うときは1冊分の覚悟を背負って。

※蛇足
深夜アニメの出来も非常に丁寧でよろしいんだけど、
ビジュアル面は漫画とかなり違うし、
深夜と言えどやっぱりショッキングな内容なので
チェックされる方はやはり覚悟したほうがいいと思う。

※追加
わたしがわたしの「秘密」に対する怯えを感じているというテーマで書いたけど、
実際は幽霊とか妄想とか、見たものがそのまま記憶になるという
そういうシナリオで作中は進む。
その観点では「京極夏彦」の世界と共通するものがあるような気がするので、
「人間はなぜ幽霊を見るか」というテーマでblogを書くときは
清水玲子+京極夏彦を引き合いに出してみたいなーとか思っていたりした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中