[PSP]Crisis Core Final Fantasy Ⅶ

ええ。今更プレイですよ…。

アルティメットヒッツ クライシスコア -ファイナルファンタジーVII- アルティメットヒッツ クライシスコア -ファイナルファンタジーVII-
価格:¥ 2,940(税込)
発売日:2009-07-30

流石にアルティメットヒッツ(廉価版)を買いました。
しかしクリア後は限定版買っとけば良かったのかなーと思うはまりっぷり…。
戦闘は正直、アクションってほどでもなかった。
自動追尾だしコマンド入力型なのでアクションRPGか。
敵の攻撃力がミョーに強いときとか、ヒットでノックバックして色々中断されるのはやりにくかった。
ガード、回避はコマンド入力後にも可能なのでそこが難易度を低くしている原因か。
いやアクションどへたくそなので助かりましたが。
以下ネタバレ。
前評判で「これはひどい」「ザックスかわいそう」「クラウド意味なくない?」「セフィロスの壊れっぷりが怖い」
「ジェネシスはまんまガクト」「アンジールが一部オカマグラフィック」「宝条先生のイメージが破壊されました」
という数々のレビューを読んだが全て同意。
ラストでザックスが強制的に神羅兵たちと戦うシーンでデジタルマインドウェーブのグラフィックが白く呆けていき、
エアリスの駒だけがくっきりと残り、
それも最後には消えてしまうところは非常に悲劇的な演出だと思う。
エアリスは女性キャラクターとして決して好きな性格ではないのだけれど、
ザックスが最後まで大切にしていた思い出とともに美しく悲しく愛しく見えるのはFF7スタッフの腕だよなあ。
実はエアリスと別れてから5年が経過してしまっていたことも、
ザックスの焦りが良く分かるので絶望感が増す。
ザックスの死に様もある意味リアルで、
ただあれほど優れた戦闘能力を持つザックスが銃殺されるなんて信じられなくて悲しかった。
クラウドだって信じなかっただろうと思う。
もうちょっとクラウドが悲しむシーンをごちゃごちゃやってもらったほうが良かった。
あれほどクラウドを守ってくれたザックスに対して少し淡白だなと思ってしまったくらい。
いや勿論泣きました。
最後にアンジールがザックスを迎えに来るのもあざとい。
FF7製作時にこのシナリオは完成してたんだろうか?
インターナショナルで初めてザックス像が登場したことを考えると、
完全に後付けのシナリオではないのかと無粋にも勘ぐっていたのだけど。
クライシスコアの脚本は本編FF7とは齟齬があるらしいので
このゲームのために書き下ろされた脚本の原作は元々本編FF7の発売時に存在していたのかどうか、
非常に興味がある。
少なくともエアリスの死ではこれほど絶望的な状況は描かれなかったからなあ。
何故今さらクライシスコアに手を出したのかというと、
FF7リメイクなんて何を考えてるのスクエニさん
じゃなかったキングダムハーツ バースバイスリープをプレイしたからですね。
若かりしザックスが登場して主人公と戦ったりするのを見てザックスが主役であるクライシスコアに手を出したのはいいが
あんなに元気で楽しそうに夢を追う少年ザックスを見るのが痛い…辛い…。
FF7本編がリメイクされるなら、もうこのクライシスコアを超えるストーリーでなきゃきつい。
ザックスというキャラクターが一本のゲームとして独立し描かれて死んでいった経緯をフルに役立てて欲しいと強く望む。
ちなみにやりこみ要素が酷すぎるのと、ザックスが死ぬシーンが衝撃的すぎて2週目には手を出していない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中