[デジ物]ワンセグの落とし穴 地方編

非常にローカルな話。
わたしの現住所である青森県八戸市は、閲覧可能なテレビ局について境界線上にある。
実は青森県はいわゆる「フジテレビ」というものが放送されていない。
インターネット上での情報交換の際には
「フジテレビを知らぬ青森県民」と揶揄(自嘲)されることも珍しくないのだそうな。
その点で八戸地方には立地の上から有利な点がいくつかあり、
その最たるものは「岩手県の電波を一部受信できる可能性がある」ということ。
岩手県には「めんこいテレビ」(めんこい=方言で「かわいい」)というフジテレビ系列の放映局があって
電波受信可能な一部の八戸市民はこの局を楽しむことができる。
現在実家が加入している「八戸ケーブルテレビ」でも視聴することができる。
「めんこいテレビ」によって八戸市に齎されるメリットはかなり大きく、
一切見ることができなかったテレビ東京系の番組を見ることができるので人気が高い。
例えば「めちゃめちゃイケてるっ!」等のバラエティ番組はこの局が受信できなければ存在を知らずに暮らすことになる。
お昼の長寿番組の代名詞「笑っていいとも」に至っては、
今まではローカル局で17:00から放映される再放送しか見ることができなかった。
東京から青森に戻ってきた当初はこの「めんこいテレビ」ですらテレビ東京系を完全に網羅しておらず、
ケーブルテレビで見れるfoxやミステリーチャンネルに逃げ込むしかなかった。
(実は土曜日の朝の「ポケモンサンデー」を欠かさずチェックしており、しばらく落ち込んだ。)
既にこの生活に慣れたものの、気分次第でフジテレビが見れるという自由度はかなり高いと評価している。
上記のような理由があってワンセグの設定方法を少々工夫していたつもりだった。
チャンネル設定として
・「青森県八戸地方」のチャンネル設定
のほかに
・「岩手県盛岡地方」のチャンネル設定
をリストに追加した。
勿論その中には「めんこいテレビ」が含まれるわけで、
万が一の場合も安心だと思いそのまま設定。
そんな中「トリック」と「チャーリーとチョコレート工場」のダブルブッキングが発生した。
普段の録画は仕事用PCと並べて置いてある私物の旧型VAIOで行っているので、
一局は必ず予約録画できる。
今までトリックは欠かさず録画してきているし、
チャーリーとチョコレート工場は一度地上波で視聴したことがあり
最悪DVDを借りるという手もあり、
VAIOでの録画は「トリック」を選択した。
そこで先週新調したP-02Bによる録画を思いつく。
「チャーリーとチョコレート工場は携帯ワンセグで録ればよくね?」と。
しかしその放映局は…例のめんこいテレビなのだった。
携帯は予約録画の場合予約リストを作成できるようになっている。
時間とチャンネルを指定すれば充分な機能ではあるが、
番組表から予約を作成する方が確実性が高いので今回もそうすることにした。
P-02Bにはネットワークから番組情報を受け取り設定できるアプリケーションが予めインストールされている。
自分の居住地区を登録すると現在の時間帯に合わせて放映中の番組表が閲覧できる仕組み。
ここに登録して「チャーリーとチョコレート工場」の枠を探すが…ない。
慌ててアナログ番組表をチェックするがこちらにも掲載されていない。
単に枠がないのではなくてチャンネルも選択できないようだ。
居住地区の登録には郵便番号を使用したので、自動的に「八戸地区」が選択されたことが原因か?!
と思い設定をやり直すがそもそも盛岡の郵便番号など分からない。
任意のチャンネルを一個ずつ追加できる機能を探すがそれも特にない。
つまりチャンネルリストの取得には「地区指定」かGPSによるネットワーク受信しかないということか。
うわー役にたたねえ。
番組表の不便さに呆れたのでやはり予約を一件自力で追加することにした。
そこで初めて思い至った。
「この携帯、そもそもめんこいテレビ見れるの?」
見れなかった。
最初は全く意味が分からずチャンネルリストの更新を何度かしたが、
確かに盛岡地区を指定することで「めんこいテレビ」のリストを取得することができる。
めんこいテレビのチャンネル設定が取れるので本来は見れるはず。
が、なぜかめんこいテレビのチャンネルを選ぶとNHKが表示される
わたしはNHKが嫌いでそれもかなり大嫌い…。
この現象は何故なのか、とうとう新聞のテレビ欄を持ち出して調べるハメに。
その結果達した結論として、
「チャンネル被り」がどうも影響しているのではないかと思う。
つまり、
八戸地区のワンセグ電波— Aチャンネルリスト
盛岡地区のワンセグ電波— Bチャンネルリスト
として、
本来ならAチャンネルリストとBチャンネルリストはそれぞれ異なる局としてチャンネルが割り振られているが
ワンセグになった場合どうもBのリストで使用される「めんこいテレビ」の使用チャンネルが
Aのリストの別のローカルチャンネルに乗っ取られているのではないかと判断した。
結果的にAのチャンネルリストが受信できる地区では
Bチャンネルリストで重複しているチャンネル番号は見られないということだ。
上記が正しいかどうかは分からないが、
デジタル放送という高度な管理体制があるのにこんなに意味のないことがあるのか…と本当に脱力した。
「チャーリーとチョコレート工場」は結局録画することなく視聴することになってしまった。
携帯に非はないであろうし、恐らく地方の局管理の問題なのかもしれないが
せめて任意のチャンネルに受信したい局を割り振る機能はつけてくれないものだろうか。
ちなみに旧型VAIOでは上記のような設定ができるので余計がっかりした。
どこにでも罠はあるものだ、という事実を認識してがっかりした事件でした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中