[海外ドラマ]Glee Kurt- A House Is Not A Home

古典から最新の流行音楽まで、
キャストが歌い倒してしまうアメリカンドラマ「Glee」。
日本人がこういう企画をドラマ化するとどうもうそ臭い上にかっこ悪いと思うけど、
かわいいキャストにきらきらした瞳で圧倒的な歌唱力を見せ付けられるととても嵌る。
外人さんはとても絵になるなと思う。
自己実現がうまいのかな。
劇中の少年Kurtはゲイを自覚するモヤシ男。
お洒落とスキンケアに気を配り、ブランド物を着こなし、学校の人気者になりたいと願っている。
見た目はモヤシだが、フットボール部できっちりゴールを決めてしまうような気まぐれな才能も。
その美しいカウンターテノールで、女性が歌うパートを奪ってしまう場面もある。
Kurtはシーズン1の後半では同じGleeに所属するFinnに恋をしていて、
Finnとの距離を縮めるために妻を亡くした自分の父と、夫を亡くしたFinnの母をくっつけようと画策。
これが見事に成功しFinnとKurtは同居になってしまいそうという回。
Kurtがそのカウンターテノールでソロを歌った曲が「A House Is Not A Home」。
ディオンヌ=ワーウィックの往年のヒット曲でよく歌われるスタンダードナンバーとなったようだが、
わたしはそれよりもバート=バカラックの作曲という部分に感動した。
バート=バカラックは日本でも一時期ときの人となった。
美しい旋律とそれを支えるジャズ的技法によるバックバンドのハーモニー、
叙情的な和声の進行と凝ったリズムが新しかったらしく、
わたしが生まれる遥か以前に飛ぶように売れた曲たち。
その中でも離婚した男女をモチーフとした「A House Is Not A Home」がこのようにGleeに使用されるとは思っておらず、
改めてその旋律の洗練された響きや盛り上げ方に感動した。



YouTube: “Glee” Home- A House Is Not A Home

Gleeの作中で古典音楽ばかりを使えとは思わないが、
やはりキャストが歌っているのを聞くことばかりなので開放感のある曲が気持ちいい。
歌詞もとてもすばらしいと思う。
——————————————
A chair is still a chair
Even when there’s no one sitting there
But a chair is not a house
And a house is not a home
When there’s no one there to hold you tight,
And no one there you can kiss good night.
A room is still a room
Even when there’s nothing there but gloom;
But a room is not a house,
And a house is not a home
When the two of us are far apart
And one of us has a broken heart.
Now and then I call your name
And suddenly your face appears
But it’s just a crazy game
When it ends it ends in tears.
Darling, have a heart,
Don’t let one mistake keep us apart.
I’m not meant to live alone. turn this house into a home.
When I climb the stair and turn the key,
Oh, please be there still in love with me.
椅子は誰も座る人がいなくなったって
未だ椅子のまま
でも椅子は家じゃないし
家は我が家ではなくなっている
貴方をぎゅっと抱きしめる人がいないなら、
おやすみのキスをする人だっていないなら
部屋は誰も明かりを付ける人がいなくたって
未だ部屋のまま
でも部屋は家じゃないし
家は我が家ではなくなっている
わたしたち2人が遠く離れ離れなら、
わたしたちの片方が傷心でいるのなら
今だっていつだって貴方の名前を呼ぶから
突然貴方の思い出が顔を出す
でもそれは単なる馬鹿げた遊び
涙のうちに全て終わってしまうだろうに
愛しい人よ心があるなら
わたしたちのように離れる過ちを誰かと犯さないで
一人きりで生きていくつもりじゃなかった
この家を我が家に戻そう
わたしが階段を登りキーを開けたなら
どうかそこに居てわたしを愛したままで居て
(和訳はテキトーです…)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中