[nintendoDS]ポケットモンスター ブラック

amazonに発注して佐川が全てぶち壊すといういつものループを辿って9/23に開始。
※佐川がぶち壊し事件…
通販で買い物をすると販売元の発送に問題がないどころか
発売日より前にきちんと送ってくれたりするという神営業を、
佐川急便にやらせたお陰で全てぶち壊しにするという現象が頻発すること。
到着予定日に届かないばかりか遅れていることを運転手/コールセンターぐるみで隠蔽しようとする。
※ポケモン配送遅延事件…
9/18発売のポケットモンスター ブラックのソフトを
amazonが9/15に発送して9/17に到着させようとする粋な計らいをしてくれるのだが、
9/17の夜になっても佐川急便が家に来ないので問い合わせたところ到着が遅れていることを隠蔽しようとした。
9/18の午前中に届けるように強く注意して待ったが、結果的に9/18の夜に届くというゴミ業務。
9/18の午後にはわたしが旅行に出たため佐川急便がどれだけクズか改めて知らしめる事件となった。
全面的に佐川急便のネガキャンから開始したが、
㈱ポケモンの対応も今回はかなり酷かった。
今回のポケットモンスターはゲームボーイでシリーズが開始されてから第五番目の世代となる。
わたしがポケモンのプレイを開始したのは「ダイヤモンド」の第四世代から。
世代交代があると互換性が失われるという特徴があるため、
ポケモンブラック/ホワイトのプレイ時には一度スタートラインに戻る必要がある。
第五世代に入って初めてDSソフトとインターネットサーバの連動企画が導入された。
その企画が「ポケモングローバルリンク(以下PGL)」だったのだけど、
見積もりが甘かったのか9/18のアクセス数でPGLのサーバがどうにかなったらしく
9/19にダウンしたようだ。
(この間前述の佐川配送遅延によりプレイできなかった)
2chPGLスレからの抜粋によると、
簡易まとめ
9月18日土 ポケモンBW発売
9月19日日 PGLがパンクして機能停止。1週間から10日で直すという告知
9月29日水 約束の日到来、復旧せず。
       サービス再開がさらに遅れるという告知に加え、機能制限など
       トレーナーは激怒した ←イマココ
今後の予定
10月4日月 正午ごろにPGLが再開される。ただし夢世界ことPDWは停止継続
10月11日月 PDW復活予定日
        ・一部機能を制限
        ・接続制限、1メンバーは1日1時間まで
ということで9/19に閉鎖してから10/4まで15日もこの機能が使用できていなかったことになる。
メインであるPDW(DSで眠らせたポケモンにインターネットからアクセスすると会うことが出来る)はまだ稼動していない。
本編のシナリオには直接影響しないものの、
このお粗末な対応はユーザの信頼度を下げてしまったと思う一件。
本編については本日一度エンディングに到達した。
御三家のうち水タイプのミジュマルを選んで始めた旅は9/23に始まり、
一日一個ペースでジムバッジを取るのが楽しかった。
以前のシリーズでは手持ちの一匹を重点的に育成してそれだけで撃破するというスタイルだったけど、
前作のリメイクであるソウルシルバーをプレイしてみて非常に辛かったので
手持ちにいろいろなタイプをそろえて平均的にレベルを上げるという戦法にしてみた。
流石にポケモンリーグ前でレベル上げがきつくなってきたので平均50前後でラスボスに挑んでみて、
やはり65前後が2匹か3匹手持ちにいないと少しきつかった。
シナリオはポケモンの開放を企む「プラズマ団」とその王様であるN(エヌ)、
人間に使われるポケモンがかわいそうという理由でポケモンの開放を叫ぶ集団と主人公は戦わなくてはいけない。
このプラズマ団が今までのポケモンシリーズにはないちょっと歪んだ思考で違和感ありまくりだった。
ロケット団、ダイヤモンド/パープル/プラチナのギンガ団は
良くも悪くもポケモンを利用して幸せになりたい!という意識が見えていたのでいい奴らという感じだったんだけど、
プラズマ団はどうも宗教くさい上にポケモンと幸せを切り離した思考だったようだ。
N(エヌ)はポケモンの理想の世界を作るために伝説のポケモンに認められる「英雄」という存在に固執し、
主人公にも同じように英雄の素質を求め、
互いの勝負に世界の選択をゆだねようとする。
これも今までのポケモンにはなかった高度な精神世界を要求するもので、
お子様向けのシナリオとしてはちょっと行き過ぎているのではないかと思った。
結果的にN(エヌ)の思考は限りなく高潔で純真な理想の世界で、
本当のメリットは実はNの父親でプラズマ団の指導者であったゲーチスの利益になるものでしかなかったというのが結末。
ゲーチスにとってポケモンは便利な道具であり、同じように純粋培養したN(エヌ)も営業の道具でしかなく、
自分だけがポケモンを使える特権者になりたいというくだらない理由がプラズマ団の旗揚げの理由だった。
…うーん、この展開は小学生に理解できるんだろうか。
まだエンディングを体験しただけなのでポケモンの世界を充分に遊びつくすには程遠いのだが、
今回は道で出会うトレーナーも割と強かったりと楽しめた。
新しいポケモン図鑑が登場したのも大きい。
相手が出してくるポケモンのことを良く覚えていなかったり、初めて見たりするものが多いので
レポートを取っていなくてリセットもできずに殺されかけたりすることがあった。
現在住んでいる場所ではあまりすれ違い通信が発生しないため、
現在wi-fiで遊んでくれるポケモン仲間を切実に募集している。
もしポケモンブラック/ホワイトをプレイしている方、
ゲームフレンドになってくれるという方がおられましたら
下記の友達コードを登録の上、ご連絡お願いします。
Pokemon
友達コード【0947-7900-1783 ひおり】
PGLでは「Hiori」で登録。
あんしんメールお待ちしてます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中