[エンジニアライフ]眼球はPCのためにあるもんではない

この記事は2011年11月頃に書き始めて挫折したものを書き直したものです。
10月28日にうわさのJINS PCを買いました。
ナニソレ?って方が多いと思いますが、評判のPCウェアです。
JINSってメガネやさんできたんですね。
http://www.jins-jp.com/functional/pc.html?aff=ON&guid=ON
地方ではせいぜい2万円堂があればいいほうです。
東京では比較的見かけるZoffも盛岡まで移動しないとありません。
通販でメガネを売ってくれるお店も多くはなく。
そんな中でJINS PCの話をネットで読んでから速攻買いました。
参考までにわたしの眼球プロフィール。
典型的近視で、小学校くらいのときにメガネ必要診断。
中学でコンタクトにしました。
左目より右目のほうが悪いです。
2012年3月現在はコンタクトの度数は右:5.50、左:4.50
最近ますます目が悪くなったので度数をあげました。
かなりひどいドライアイです。
お風呂入るときにメガネがないと足元が見えません。
姿勢の悪さも相まって、かなり眼精疲労が強いです。
どんくらい強いかというと1時間PCで作業すると吐き気とめまいが出て目がカラカラになります。
もうプログラマやめようかと思うくらい悩んでました。
それがJINS PCの導入で劇的によくなりました。
どのぐらい劇的かというと、8時間フルタイムでPC使ってiPhone使って家に帰っても3時間PC使っても平気になりました。
購入時、JINS PCはサングラス崩れであんまり効果がないんじゃないかとか、正しい色が見えなくなるからダメなんじゃないかとかいろいろな意見をもらいつつ強硬購入したわけですが、少なくともわたしには非常に効果がありました。
■JINS PCがPCウェアとしてすぐれていると思ったところ。
・軽い。
・PCの光をカットしている感じがします。
かけているときは少し暗くて、確かにモニタ色は若干黄色がかって見えるのでデザインするときは大変かもしれません。
(自分はデザインする色は印刷で確認するか、モバイルで確認するようになりました)
外すとPCの前でなくても世界が蒼っぽく光る感じがします。
外が晴れているときも太陽の黄色い感じがしなくなりました。
JINS PCがカットしてくれるブルーの光は紫外線の隣の波長みたいなので、サングラスの真っ黒い感じが苦手な人は代わりに使えるかもしれません。ていうかわたしは運転のときにこっそり使ったりしています。
・色がたくさん選べる。
これはメガネフレームを選ぶのに2時間くらいかかったうえに店員さんに「恐ろしく似合いませんね」とか言われる自分にとってはすごくありがたいです。
スクエアをまず作ってくれたのも非常にうれしいです。スクエアしか似合いません。
・目が疲れにくい!
これは本当に感じます。ノートパソコンの中途半端な角度の液晶が見えにくいので、適度な角度を探すようになりました。
・値段が安いです。
ダテメガネに近いとはいえ、4000円でメガネを買えてしまうとやはり安く感じます。
・通販で買えるのが非常に便利です。
これで実店舗でしか購入できなければわたしはいまごろプログラマをやめようと考えていたかもしれません。
■んで、使ってみて気を付けたいと思ったところ。
・JINS PCのおかげで軽減はされてはいますが、ドライアイを意図的に軽減するなら自力でまばたきしたほうがいいです。
特にコンタクト装着中はまばたきが甘くなっていたり回数が減っているので、自分で気を付ける意識を持ったほうがいいみたいです。
目薬は標準装備です。むしろ目薬ソムリエです(自称)。
・鼻あてのところがプラスチックなので、すごく軽いのですがやはり長時間かけていると皮膚に影響があります。
なるべく頻繁に外してケアしたほうがいいかも。
うっかりかけっぱなしにすると退社のころに真っ赤です。
■今後至急改善してほしいところ。
・幅がでっかいところ。
万人向けなのはわかりますが、顔より幅がおっきいです。
かなり顔のでかいわたしでもそうなので普通の女性には大きいんじゃないかな?
耳にかける部分が柔軟なのでそれで何とかカバーしてる感じですが、少しサイズに幅があるとうれしいです。
・度が入っていないところ。
これがJINS PCの現時点での最大の販売戦略ミスだと思います。
裸眼かコンタクトのときでなければ使えないというのはメガネ愛用者にとっては非常に厳しいことです。
コンタクトであることに感謝もしたのですが、じゃあコンタクトが入っていないときはどうすればいいんだというか。
今は人には言えないのですが、メガネの上にさらにJINS PCをかけて作業しています。ガチです。
このメガネONメガネの状態を他人に見られて平気なツワモノはそもそもJINS PCとかいらないくらい強靭な人だと思うの。
とか書いていたらZoff PCが出ただと…?! しかも度が入るだと…?!
兎にも角にもCOBOLのパンチの時代ならいいのでしょうけど、現代のプログラマには必須のグッズだと思います。
裸眼の人にも勧めたいのですがどうも「カッコつけてダテメガネしてる人」だと思われているようなので今更言い出しにくいです。
スマホユーザでもゲーマーでもいいので、眼精疲労に苦労していて4000円出せる方、是非試してみてください。
なお実店舗ではサンプルをかけることができるみたいです。
メガネかけたことない人でも大丈夫です。きっと似合います。
あっ、度つきがほしいのでZoff PCも買う…かもしれません…。

広告