[社会]観念がそもそも歪んでいると思う話

プレジデント読むような仕事とかしてないんですけど(いろんな意味で)面白いのでよく読んでいます。

先日下記の記事を読みました。
「お金のために働く」が増加 -2000人調査!軋む働く者の意識【1】
※記事は数ページあります

読んだ後の率直な感想は「どうも読み取り方が歪んでる記事だな」というものでした。
設問は「あなたが働くモチベーションはなんですか?」で、
結果は「仕事をする源泉である「働くモチベーション」については、過半数が「お金」と回答」だったのですが、
日本もやっと普通のことを普通に公言するようになったなーと思ったらその解釈に度胆抜かれました。

※抜粋

しかし、残念ながら今回の結果は仕事に対する意欲や前向きな姿勢ではなく、それとは真逆の『先行き不透明な時代に、頼れるのはお金のみ』という、後ろ向きの姿勢の表れと受け止めています」と守島氏。その傾向は、「会社への忠誠心」や「会社の将来性」に対する回答を見れば、より明らかになるという。

え、どこが?!
どこからそんなもん読み取れるの?!

ていうか忠誠心が必ずあって、会社の業績を無視して将来性を信じてなければ仕事しちゃダメなのかなにかんがえてるんだおっさんと思いながら読み終わるまでポカーン。

働く人たちの閉塞感が読み取れる、というところまでは否定する気はないです。
実際に閉塞感を生んでいるのは雇用機会が減っていて、好きな会社に好きなように就職・転職するといったことが難しくなっている。これは事実です。
でもそれでお金しか信じられないという方向へ意識が向き後ろ向きな姿勢と評価する意味がわかりません。

勤め続けても、出世したり給料が上がっていったりという保証はない。

これもモチベーションについて何故影響があると断言できるのかよくわかりません。
保証を求める人も勿論いるのだとは思いますが、そうではなく現在の給与をもっともらいたいから働くというのが大きいのだとわたしは読み取ります。
将来どうなるかということではなくて、明日の生活もままならないような給与しか出せないよ、という企業に困っているだけではないかと思うのですが。
出世したくなったときに出世できない、給与の大幅アップを狙っているときにアップしないという話ではないのです。

やたらと仕事のおもしろさやらやり甲斐やらをあげつらいますが、そもそも仕事って面白くできているものではないです。
特に日本では面白い仕事は主に上の年代がつぶすので面白くなくなります。
働き甲斐を感じてほしいなら社会や企業がそういう下地を用意しなければなりません。働き甲斐を感じない方がおかしいという論調が既におかしいです。

分析したおっさんが非常に偏った観念を持っているので、出ているデータがまったく無意味になっているように思われます。
出ているデータの淡白さと、その解説の陰湿な解釈方法がものすごく乖離しています。
でもそういう記事を有難がってこういう風に載せてしまい、読む側はこういう記事を「なるほどなるほど」とか言いながら納得して読むような偏った頭の経営者ばっかりなんですよ多分。
せっかくいい調査なんだから、その意味を素直にくみ取れないもんなんでしょうか。

これじゃー日本再生とか無理だよな、と思う話でした。

ちなみにそこらへんの若者に「給料上がったらうれしいか?会社やめないか?」って聞いてみてください。
給与が上がったって我慢できなくなったらやめます。やめていいんです。会社やめるかどうか聞くならまず先に金ください。失業保険3か月後からしか出せないとか本当にいいお世話です。
やめられないのはやめられるタイミングではないからです。そのタイミングですら他人が支配しているのが今の日本です。
その実態を理解できないと「ブラック企業は自由にやめたらいいじゃん」になるんだと思っています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中