[映画]Pacific Rimが異常に面白かった

正直前評判がよろしくなさすぎて見るつもりがなく、むしろベネ坊(いつもシャーロックの説明をするときにベネディクト・カンバーバッチをジェームズだっけ?とか言ってしまうので呼称制定)が食が細いにもかかわらず一日五食だか六食だか食わされてえずきながら作り上げた肉体美が見たいので「スタートレック イントゥ・ダークネス」を見たかったのですが、何故か旦那のごり押しで「パシフィック・リム」の3D吹き替え版を見ました。

やだすごいおもしろいじゃない…。

声を大にしておもしろかったー!と言いたい。まあ言いたい。すごい映画です。おもしろいです。
正直戦慄するほど面白かった。これはとてもすばらしいロボット映画ですね。ギレルモ・デル・トロ監督はクトゥルフ映画作ろうとして挫折するほどの変人とは存じ上げずにまったく興味がなく、メキシカンじゃなくてさまよえるオランダ人のような人だなと思っていたのですがすごい監督だと思いました。その評価はどうなのよと自分で思わないでもないですが。

身もふたもなく言うとザ・コアとゴジラとキングコングとウルトラマンとガンダムとヱヴァとマジンガーとジョーズあたりをミンチにして混ぜ合わせたやつに進撃の巨人と巨神兵とTRONとスターウォーズとトランスフォーマーあたりをスパイスにぶっ掛けてるんですけど全然新しい料理できちゃったという仕上がりです。ザ・コアは海底降りて自爆が必要なのに主人公が生き残るところが同じなんですけど。
ヱヴァのパクリでは全然ありませんでした。ヱヴァの人造人間はものすごく人間くさい動きを物理法則を無視して行うんですけど、イェーガーはものすごい重量感を残しつつ、機械の動きをします。でもいちいちその重量感がリアルでCGとは思えないんです。カイジューはその点は生物なんですけど、やはりでかい者同士の対決なので重量感がすごいんです。めちゃくちゃ大きくて重い者同士がぶつかり合ってぐちゃぐちゃになっていく、その過程が手に汗握るんですけど、CGのクオリティを超えていて特撮のそれみたいなのです。そして爽快感。パイロットはすごく肉体酷使してる感。実際撮影は大変そう(ずっと宙吊り)だったので、俳優の疲労感は本物なんでしょうね。

鑑賞後に思ったのは「この面白さはボクシング見た後のやつじゃねーか」ということです。何だかロボ映画見た後のロボへの愛ではなくて、ヱヴァでヴンダーが無事飛んで涙出たのとは別種の感覚です。どちらかというと格闘技とかを見た後の感覚です。勿論ロボがリアルにもっさり動くところとかすごく良くて力が入るんですけども、世界タイトルマッチでどんだけ殴られていても必ず判定勝ちするんだよね!という安定感がめちゃくちゃな爽快感に昇華します。フルコンなのでマーシャルアーツでも空手でもいいです。武器も飛び道具も出ますし。
ロボならではの動力転用しての自爆とか被爆とかそれ以上の話の広がり方は全然ないんですけど、それをイェーガーのCGが現実を上回る素晴らしい出来で現実みたいにするんです。そこに不安はないんです。存在しないものだとはとても信じられないほど存在感があるからです。

ストーリーは特筆すべきことは別にありません。ある日突然カイジューが異次元から出てきてようわからんのだけど倒せたらどんどん増えるし対抗馬だったイェーガーっていうロボもなんか効果が落ちてきて使えなくなっちゃったよーヒーロー助けて!という中身のすっからかんなお話です。ヱヴァのびっくりドン引きストーリーの方がまだ広がりがあります。土曜日にやっていた勇者指令シリーズのアニメのほうがまだ敵のヴァリエーションが多いくらいです。ウルトラマンのような遥かな銀河の広まりも全然感じられません。何でここまで言うのかというとマジでストーリーに期待することが何もないからです。カイジューが出てきてそれを倒すためのイェーガーというロボが戦ってぶっ壊れてパイロットが死んだりするというそんだけの話です。でもストーリーがなくても全然面白かったんです。もうこれは映像がストーリーを凌駕してるとかそんな感じなんでしょう。

自分の中では人間の「ナニカ」の大量消費系映画というカテゴリがあります。要するに、主要キャスト以外の(場合によっては主要キャストですらも)無名の人間とするファクターを死ぬんだか殺すんだか、とにかく大量の人間の人生に影響があると確実に思われるシチュエーションで展開する映画です。単なるファクターなので後始末とかもしないことが多いです。人がたくさん悲しそうなわけなので拒否反応のある人もいるみたいです。

その中でも人間の「死」の大量消費系映画というのは恐らく受けが悪いのは大昔からで、殆どの映画では意図的に人間の大量消費のシーンを省いたり、逆にセンセーショナルに使ったりしています。同日には「ワールド・ウォーZ」も見たのですがこちらは後者だと思われます。大量消費を公表することで観客への効果を期待する演出です。
ただパシフィックリムではただひたすら監督の愛する映画へのオマージュのためにだけ人間が大量消費されます。ゴジラとか。ゴジラとかゴジラとか。多分モスラとか。そこに特に意図はないのかもしれないんですが、とにかく規模のでかい話にしようぜ!という意気込みがめちゃくちゃ伝わってきます。車が特にものすごい台数が破壊されまくっていて安全装置の警告音が癖になるくらい鳴り響きます。カイジューの上陸シーンでご丁寧に車をすり潰したりしていて満足感があります。

例えばロシアのイェーガー、チェルノ=アルファはもう正面から見たらそのまんまバルタン星人みたいなフォルムで本当にかっこよくて大好きなんですけど、やっぱりお約束上壊れます。でも人間みたいに死ぬんではなくて、それはやはり破壊の演出なのです。パイロットは死んでるのかどうなのかすら分かんないんですけどまあ確実に死んだよねというシチュエーションです。チェルノを維持するためにたくさんのエンジニアがいて、チェルノを構成するのにたくさんの原料が使われていて、チェルノの破壊で代替になるイェーガーもパイロットもないことをみんな知っていて、チェルノの破壊と共にその多くのモノが失われたのを感じます。希望が一つ失われたのだとはっきりとわかります。実際にはCGなので失われるものはないんですけど、劇中では大量の人間の人生が捧げられて叶えられていたチェルノという「希望」が一つ失われて、チェルノは人間を確実に大量消費しているのだなと感じます。単なる感情なんですけど、それがリアリティだと思うのです。単なるCGをリアリティだと思えてしまうのがとても面白いんです。

※ここで異様にチェルノ押しですがこれは中国産イェーガーのクリムゾン=タイフーンのぶっ壊れシーンが良く分からなかったため…です…orz

そんで菊池凜子と芦田愛菜です。とにかく全編で主人公は取りあえずイケメンヒーローなんだけどそれは二の次で、ひたすら菊池凜子演じる森マコがかわいいよ!かわいいよ!かわいいよ!というオーラだけで進行します。森マコの子供時代である芦田愛菜もとにかく愛でています。不必要に出演時間長いです。ギレルモ監督どんだけ森マコが好きなんでしょうか。きちんと生還させて殺さないあたりは、宇宙戦艦ヤマトの森雪ちゃんへの松本零児さんの歪んだ愛と全然違い、とにかくかわいく撮影したい!という愛が先行していて逆に理不尽さを感じるくらいです。なのでもうこれは菊池凜子の映画でいいと思います。吹き替え版では林原めぐみ様なのでもう最後はめちゃくちゃかわいくて仕方ありません。綾波レイに見えるまであと一歩というところまで行きました。自分も大学時代にやっていた前下がりボブカットの髪型に戻そうかと思うくらい菊池凜子がかわいく見えるのでもう病気だと思います。47Roninが見たくなるほど菊池凜子推しになります。
更に日本が戦場になったことを表す「萌&健太」とかいう作り込まれた看板といい、異様に日本が優遇されてる気がします。その割に日本のコヨーテ=タンゴが全然見えませんでしたのできちんと出演させたげてください!ガンキャノンのフォルムのみで確認しろと言われても無理でした!あと日本機なのに何故黒人司令官が乗ってるんですか!

あとはカイジューの脳みそにアクセスしてしまう博士コンビが異様にホモくさい(吹き替えもグレーゾーンの人)のとか、オーストラリア産イェーガーのストライカー=エウレカのパイロットの息子の方(情熱系クズ)が飼ってる犬がめちゃくちゃかわゆいのとか、脇役のはずのオペレータのテンドーさんがだんだんイケメンに見えてくる過程とか衝撃的なことがいろいろあったのですが、キャラクターたちもとても面白いです。

書きたいことの半分も書いてない気がするのですが、ダメ押しで音楽もとてもよかったです。民族系の効果音入りのベースの効いたオーケストラヒットが多いのですが、音楽のおかげで最高にテンポよく見られたと思います。これは映画館で見て最高によかった点だったと思います。エンディングの各イェーガーのカットも最高にかっこいいです。エンディングに使われていた「Drift」という曲もすごく良かったです。

いろいろ言われていますが、とても楽しめた映画でした。フィギュアとかプラモデルは本腰入れて作ってくれないのかなあ…!

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中