[エンジニアライフ]どんなブログなら就職させたいというのか

「エンジニアはブログを書いたほうがいい」というのは本当なのでしょうが、書いてる側の人としては何で書いてるのかを疑問に思いました。
【寄稿】 エンジニアはブログを書いた方が良い、その理由をキャリアの視点から考える
はてなブログ「エンジニアはブログを書いた方が良い、その理由をキャリアの視点から考える」
上記の記事を読みました。
何で気になったのかというと、今転職活動してるんですけど、応募したい企業があったのに保留してる理由として「ブログ提出必須」だからだったんです。
で、このブログがそのエントリにふさわしいのか否か?という点について結構気になっていたら、タイムリーにブログについての記事があったので参考にしようと思って読みました。
そんで、はてなブログのほうはあんまり参考になりませんでした。JavaBlackさんの書かれている反論部分の方がよほど腑に落ちました。

■そもそも技術系じゃなくてもいいのか?

自分のブログに限って言えば、このブログの始まりはもともとは日記です。手作業でサイトで友人に公開する日記を書いていて、それがめんどくさくなったので2004年ごろにブログの女王()とかが流行してて、CMSの概念があんまりないときに何となく便利だなーと思って使い始めました。
なので初期記事はだいぶ整理してはいますが、基本的には「こんなことして暮らしているのですわよ」というのをリアル友人やゲームで出会った人たちにお知らせしたいと思って書いたものが多いです。プログラマとして就職する前からだらだら学生→フリーター→就職してまで書いてるのですから内容はぐちゃぐちゃです。雑記という他ないのですが、こんなブログでも就職に使えるもんなんですか?
というかエンジニアなら技術のこと書きたいはず!みたいなのが意識高すぎてまぶしい。
その後2006年くらいにTwitterをはじめる時点ではまた別の問題があったのですが。

■ネットと現実の人格を紐付けたくない

上に書いた「Twitterを始める時点での別の問題」はこれです。
よく実名問題が取り沙汰される昨今ですが、わたしはこの「蔵城緋檻」と名乗る人物として現実の身分を知られたくありません。知られる必要はないと思います。ですから、ハンドルネームでやっているブログを実在の人物の活動としてどこかに提出する行為は望ましくないわけです。
ですが、Twitterのオフ会では顔もハンドルネームも(下手すると本名も所属先も住所も)知っているけれど、それは特に追求しないということで割と安心して出席できていました。これぐらいゆるいならともかく、原則的に身バレするような行動を自分から取ることはしたくありません。何でよ、と言われるとそういうポリシーでブログを書いているから、としか答えようがないんですけども。
だから就職活動の資料としてブログを提出せよ、と言われてしまうと、本当のわたしが書きたいブログは出したくないわけですから、必然的に「就職活動専用の」ダミーブログを作ってそれを使いまわすことでしょう。でもそれって採用側の意図通りのことなんでしょうか?

■お仕事から考えたら書かなくていい理由が結構多い

まず、わたしが現在仕事として書いているコードはすべて、「どこかの会社の資産として帰属する」ものしか書いていません。そういう仕事なので必然的にそのコードはわたし個人がブログで書くことはできません。
また、汎用的なコードとして記載しようとしたとしてまだ細かい問題がいろいろあります。
会社でコードを確保しておいてそれをブログに載せられる形で整形しなければいけません。たいていはどこかの誰かの会社のために書いているニッチな設計だったりしますので、その前提条件を省いてしまうと大して意味のないよくあるコードだったりします。そんなコードを改めてブログに書く…っていうのもどうなんでしょう。ありふれたコードを書くブログが技術的に価値はあるんでしょうか?
またお客様からの指定という理由だけでえらいレガシーな環境で開発しています。具体的に言っちゃうとXPでVisualStudio2003をがりがり書いてるとかまだやっているところが少なくないわけです。バージョン管理ソフトとか導入してません。PHPとかCSS、HTML、javascript含めてWeb言語書けないし、みたいな人も割と多いです。枯れているので目新しいことは特にありません。ぐぐればもう誰かが書いている話です。これを改めてブログに書く気力はわたしにはないんですが普通は書くものですか?

■仕事以外のコードをブログに書くほど意識高くない

サービス残業は否定するのに、「自分のスキルを磨くためなら睡眠時間削って勉強しろ!」というコールが多くてちょっと戦慄したりする昨今ですが、睡眠時間削ると正常に頭が機能しなくなる体力の人というのも世の中にいるので、それほど睡眠時間は削れません。よって仕事で使わないコードについてブログに延々と検証内容書けるほどには意識高くありません。
これはひとえに「今、仕事でどんなことをしているか」ということと、健康面が大きいと思います。まさか死んでもいいから睡眠時間を削ってスキルアップしろ、それをブログに書け、って他人に言う人がそんなに多いとは思わなかったんですけど。
新しい技術そのものというよりも、開発環境自体に慣れるまで書けることはそんなに多くありません。読むほうが多いのです。その最中に読む時間を削って自分のスキルアップの内容を記録しろ、っていうのも本末転倒だと思うので、やっぱりある程度スキルが身につくまではブログに書くことってあんまりないんじゃないでしょうか。

■そもそも何故ブログ前提なのか

技術力を見たいなら普通にテストする(CodeIQとかありますもんね)のでかまわないし、どういう人間かを見たいから面接するんだろうし、そこにブログが入る余地はあまりない気がします。写真ブログやってて、そこに気に入った写真があったよ!みたいな一芸入試風ならわかるんですけど。
そもそも仕事の話は一切しないという趣味ブログを真っ向から否定してかかっている気がしますが、何を見たくてブログを参考にしたいのかを説明できていないと思います。応募側がそんなこと言ったら技術力()とか関係なく採用されないんでしょうけども。
まさか公共施設でおいたをする写真が載っていないか、とかをチェックするだけなんでしょうか。最近はソーハラとかあるし、採用じゃなくて監視に使われるとしか思えないんですけど。

自分のブログが技術系じゃない理由はこんだけあります。理由というより言い訳…?
まず採用基準がよくわかんねーのと、会社にブログを知られることで続ける意欲がなくなるって問題もあります。要するに会社の人に見せたいわけもない記事がもう書けないのでブログやめますパターンです。うちはtwitterやら創作物やらも全部同じハンドルネームですので、実質このハンドルネームを使ったインターネット上のものをすべて消して回る必要すらあります。そのくらい、実社会でリアルタイムに付き合う人とは精神的な距離があります。わたしはインターネット上の自分の世界を現実に侵食されたくないんです。日本のどこかにすんでいるんだろうなーとかそのくらいの存在感でいいんです。そんなもんを就職の材料にされても困るんです。
実名と会社名で退職ブログ書いちゃう人との価値観の違い、その心の遠さは銀河系の直系をも上回るだろうと勝手に思っています。だから自分のためにブログを書くことはとてもいいことだとは思いますが、それを技術系に限定されたり、就職のために使うべきという意見には同意することはありません。
なので応募にブログ必須な会社は「何故ブログを読みたいのか?」「ブログのどういうところを評価するのか?」ということを明確に書いておいてもらえたらとてもうれしいです。その後に何に利用されるのかわからないのであれば、プライベートな「本当の」ブログをお土産にする応募者はいなくなるでしょうから。

[エンジニアライフ]可もなく不可もない開発機を買った

元々趣味用に買ったスペックが高くもなんともない一体型PCを開発機にしていたので改めて開発機用のノートパソコンを買いました。

lenovo ThinkPad E430cという14インチのやつです。

 

予算が潤沢にあるわけではなく、またWindows8では何かと都合が悪そうなので構成を変えて発注しました。
スペックとしては
CPU…Intell Core i5 3230M 2.60GHz
OS…Windows7 Professional 64bit
メモリ…4GB
HDD…500GB 7200rpm
サイズ…14インチ

これにカメラとBluetooth付けた感じです。
カメラは在宅の場合必須になるかもしれないのでとりあえず。
自分的には割ときちんとしたPCを買ったつもりですが世間的な開発機としては普通以下なのでとりあえずの繋ぎといったところでしょうか。

本当はCore i7入れたらよかったのですが、予算とクーポンの関係からi5がちょうどよかったので仕方なくこれにしておきました。その代わりHDDは容量じゃなくて回転速度を上げておきました。正直ハードは苦手なのでよくわかりません…。ゲーム入れないので500GBで足りるように使えると思います。VisualStudioの導入がためらわれますが。

というかIntel必要だったので買いました。AMDではAndroidエミュレータの爆速チューニングができないという話を先日AMDでAndroidのエミュレータが爆速にできなかった話に書きましたが、本当にIntelハイッテルが実感できるかどうかまだ試してません。

今はRubyとかGitとか一生懸命使ったことのないものを入れています。Vagrantとかも入れてみたいのですが、メモリ増設してみないと無理そうです。メモリはお金ができたら…と思っていたのですが、その前に車のバッテリーが死にそうなのでそっちに出費しなければいけないことを薄々思い出しました。財布と相談しつつ…ですね。

毎日使っていますが、15インチ以上のノートのうざったさはなく、その代わり爆熱です。ああ、AMDよ…。

[海外ドラマ]SHERLOCK シーズン1 シーズン2

元々ベネディクト・カンバーバッチという俳優を初めて見たのは、イギリスBBC制作でジュリア・マッケンジー主演版の「ミス・マープル」のシーズン4に端役で出ていたときだと思うのですが、その時には全然意識しませんでした。
映画「つぐない」でも見ていたと思うのですが、これも全然覚えていません。テレビドラマ「法医学捜査班 silent witness」にも出ていましたがこれも見ていないか覚えていないか。
その後名前と顔を認識してなかなかいい俳優だなと思ったのは「裏切りのサーカス」という映画を見たときです。

「裏切りのサーカス」はタイトル自体を全然知らずに旦那が見たがったので見に行きましたが、イギリスの組織MI-5の内部から裏切り者を見つけ出すスパイ映画です。
そこで端役ながら存在感のある演技をしていたのが、ベネディクト・カンバーバッチその人なのでした。

スパイの部下として絶対にバレてはいけない二重スパイを演じていた彼はその役回りでは金髪の美しい白人青年(同性愛者で教師をやっていたパートナーと別れてしまい苦悩するシーンとかあって不毛)でしたが、次に見たときにはブルネットの天然パーマの激しい理知的なキチガイさんになっていました。
退屈なだけで部屋の壁を拳銃で撃って絵をかいたり、全裸にシーツだけでバッキンガム宮殿に行ったり、奇人変人通り越してちょっと頭のおかしい人…。しかし比類なき頭脳と、対象が限定されてはいますがとても優しい心とを持っています。
それこそが「SHERLOCK」です。
制作時期としては「SHERLOCK」が2010年公開、「裏切りのサーカス」は2011年公開ですので人気ブレイクを逆に見た形になります。

余談ですが、最近のベネさんはわたしに勝手にベネ坊さんとか呼ばれながらスター・トレックでは孤高の肉体派悪役を演じていたり、すっかり人気俳優なのでこれからも長く活躍してくれるといいなと思います。

イギリスBBCの2010年制作のヒット作「SHERLOCK」はかのシャーロック・ホームズの冒険譚を21世紀に置き換え現代版としてリメイクしたミステリです。
が、冒険譚をそのまま現代に合わせるのではなく新たな生活、新たなキャラクター、新たな犯罪で書き起こし、全く新しいドラマシリーズとなっています。
ホームズは鳥打帽やシルクハットは被らず、移動は電車とタクシー、本の代わりにブログを書き、BlackBerryやiPhoneといったデバイスを駆使し、GPSやメールを使い、電気給湯器で茶を沸かし、アヘンではなくタバコが辞められないのでニコチンパッチを堪能し、さらにアグレッシブにロンドンを駆け巡るようになっています。
シャーロック・ホームズをベネディクト・カンバーバッチが演じ、その相棒のジョン・ワトソンをロードオブザリングのスピンオフの「ホビットの冒険」の主演だったマーティン・フリーマンが演じています。

旧グラナダTV制作で、ジェレミー・ブレットが演じた「シャーロック・ホームズの冒険」(邦題)こそがシャーロッキアンのバイブルとなっていたテレビドラマ版ですが、新たな解釈でリメイクとは言い難い新しい仕上がりの「SHERLOCK」もなかなかの面白さだと思います。
グラナダ版や他のホームズと比較して見て個人的な意見としては、

■シャーロック・ホームズの詰めが甘い。原作やグラナダ版のホームズと比べると完璧さが足りず、その代わりに感情の発露が多めでおちゃめな感じ。興味のないものへの氷の態度は(ベネの演技が)すごい。棒読みで面白いこと言いまくる美形が立っていたら面白いですね。40代の上品な紳士ではなく、若さを残す有能な青年の印象。しかし極度のツンデレ。最初は誰得かと思うがそのうちどうでもよくなる。

■しかしベネディクト氏に音楽の素養があるのかないのかわかりませんが、ホームズらしくヴァイオリンは精々弾けているふりくらいしてもいいだろうと思わないでもないほど弾けてない。弓を動かしているだけいいのかもしれないけど曲のフレーズと合わせるくらいはしてもいいのではないか。これはジェレミー・ブレットも全くヴァイオリンを弾けなかったらしいものの、演技に死ぬほど時間をかけてそれらしく見せているのでそこはマネしてもよかったんではないかと思うです。

■ワトソンが異様に有能で強い。ホームズの説明を口を開けたままぽかーんと聞いているワトソンではなく、自分で考え自分なりにホームズに近づき、時には無言で彼の望みを汲み取って行動してくれる女好きイケメン。スリルを求める軍人といった一面も強い。しかしどんだけ彼女をとっかえひっかえするのか興味深い。公的には医者の仕事全然してる描写がなくて経済的に不安。本職がトライアスロンと格闘技とかでも違和感ない。デジタル機器とは相性悪い様子。

■ホームズとワトソンというよりも、シャーロックとジョンであり、とってもゲイくさいので劇中でも相当気にしているように見える。でも厳然として男の友情。でも共依存気味。別に腐ってなくてもシーズン2の最終話はひどい話なので泣いてしまうはず。

■下敷きにした原作をそのまま使いまわすのではなく、新解釈やパロディを織り交ぜてさらに進化したトリックで視聴者を(いい意味で)振り回してくれる。でも原作もしっかり踏まえているので思わずニヤっとする瞬間がある。見れば見るほど中毒性が増してしまい、見るのをやめられない。

■2009年公開の映画版シャーロック・ホームズ(ガイ・リッチー監督)のダメダメなおっさんホームズ(ロバート・ダウニー・Jr様)と凶暴なワトソン(ジュード・ロウ)とまた違ったダメさ、というかアグレッシブなくせにゆるいので暑苦しくないホームズをお求めの方!お勧めです!

■普段は非常に鬱陶しいハドソン夫人(一緒に住めないレベル)を死ぬほど愛している様子が垣間見えるシャーロックのツンデレ回はシーズン2第一話で非常によろしいです!アイリーンを救うオチのツンデレもよかったです!

といったところでしょうか。

ベネディクトの演技は最初はぎこちなさがありますが、ジョンに自分の名前と住所を告げた後ばっちんと大きなウインクを送ってくるところで「あれ、もしかしてこの人かわいいのかな…」という気持ちになります。冷たい爬虫類が自分だけに微笑んだような感覚です。次第にその対象がジョンであることに嫉妬して身もだえするんですけども。そのクールブルーな目に映るのはジョンだけなのね…みたいな悟りを得られるようになる頃には表情が見分けられるようになっていると思います。そのノリでスタートレック見に行きたいのをぐっと押さえる。

マーティンはとにかく新解釈なワトソンで、こういう面倒見のいい先輩がいたなあという兄貴っぷりです。他のホームズ作品に比べてもバカにされている頻度の低いワトソンなので割としっかり見ていられます。ジョンが困った顔から褒められてドヤ顔に変貌するのがいいです。でもホビットに見えて仕方ありません…。シーズン1第一話で鬱々と暮らしている→その後シャーロックと出会い地獄に舞い戻った赤鬼のようなイキイキとした各種活動→シーズン2最終話でまた泣くわ取り乱すわ鬱々とするわもうかわいそうで仕方ないです、シーズン3どうにかしてください、という心持になる素敵な俳優さんです。

ハドソンさんやレストレード警部を始め、原作ではキャラクター付の弱かった脇役も強烈なのがいいところ。部屋の冷蔵庫に死体を保管してる店子とか追い出しても仕方ないんだけど追い出さないハドソンさん天使マジ天使です。夜食持ってくるタイミングが最強なところもいい。レストレード警部はグラナダ版に比べるとかなり影が薄いのですが、ハードボイルド系イケメン枠でカバーです。でもあたまはよくない。しかたない。

シーズン1と2では宿敵モリアーティが、シーズン2ではホームズと唯一絡むことのできる女性(ハドソン夫人除く)であるアイリーン・アドラーも堂々登場します。

モリアーティは初登場の方法も意外性がありますが、何より見た目ギャップというか、どちらかというと薄気味悪いなよっとした男が希代の悪人であるモリアーティなんですよね。高い声、優しいまなざし、でもどこか人格のぶっ壊れた焦点の合わない眼。個人的にはオールバックの紳士風じゃないときの髪型が酷かったのでもっとイケメン枠で仕上げてやれよ!と思いましたがこれはこれでいいのでしょう。
原作では生きているモリアーティの出演は3回とほとんど出てきませんが、わたしの大好きなNHKアニメ「ホームズの冒険」(登場人物が全部犬のアニメ)ではモリアーティはドジでまぬけなおっさんでした。そのかわいいモリアーティに比べると、シャーロックでは単なる若い男の容姿を持ちながら純粋な悪の要素を感じます。「教授」という老獪さはないけども、若さゆえの狂気、その思い上がった傲慢と無感動な様子は空虚で利己的な若者という器がぴったりです。
シーズン2の最終話では実質一人三役(犯罪を自ら実行するが根回しして無罪を勝ち取る異常者、タクシー運転手、芝居のお兄さん)とか演じていますし、英語がなんだかもこもこしていてものすごおおおおおく聞き取りにくい声なのですがその分異常な感じがしますし、そもそも瞳孔開いてる演出なのか光彩のない黒目が怖い…。演じておられるアンドリュー・スコットという俳優さんの演技力の底力をひしひしと感じます。ヘビのような気持ち悪さです(褒め言葉)。怪演が光ります。

アイリーンはその美しさ、ではなく天性の知性でシャーロックに興味を持たせますが、モリアーティの助力あっての部分で安い女に堕ちてしまうシーンであっても見苦しさがなくてとてもよかったです。恋はうそをつかないんですねー。シーズン2第一話のみの登場のようですが、逃げ延びるトリックも最強にロマンティックというかイカしているというか恋っていいな!(総括)
全裸の美人を見るときシャーロックの分析機能がぶっ壊れて?????しか出てこないのも男らしくて(?)とっても良かったです。携帯のロック解除パスワードのオチも”SHERLOCK”という単語ならではで何だかジーンと来ました。製作陣がめちゃくちゃ楽しみながら作ってますねー。

原作では悪名高くホームズ以上の頭脳の持ち主でありながらガチムチ系引きこもり役人であり、シャーロックの兄であるマイクロフト・ホームズも重要な役回りです。そんでマイクロフト役の俳優さんは制作総指揮兼脚本だったりしますのでマジ最強です。
でも国家と弟を天秤にかけると弟が軽くなっちゃう人。仲悪い原因の大体が自分が悪い癖に「兄弟いろいろあったからアハハ」みたいなので澄ましちゃう人。憎めないし立場上仕方ないのですが、この人が兄弟でなければ…!と思うシーンが多すぎる極悪人なので必見です。

あと、忘れてはいけないのがモリーという検視医の女性です。この方は宿敵モリアーティを無意識に取り込んでしまったり、シャーロックが好きで仕方ないくせに彼氏を作る努力をしてしまったりする、性格は良いけれど天然でうじうじしていて大体の行動が裏目に出るという鬱陶しい恋愛脳女子でございます。しかしシャーロックを人間的に愛し、その助力を願う力は天下一品なんではないでしょうか。それがわかるのはシーズン2の最終話なんですけども、シャーロックに全く恋心を気づいてもらえない自己評価低すぎなネガティブ系ゆるふわ女というレッテルを乗り越える過程がすげえ鬱陶しい。でも最終的にはとてもいい子なんですよね。このキャラクターの採用はすごく現代的でよくできていると思います。たとえ後々のトリックに必要なだけだったとしても、モリーの出演シーンは重要なんです。最初は「何この要らない子…!(白目)」とか思うんですけど絶対に必要ないい子です。

そんなこんなでシャーロック・ホームズの原作もグラナダ版も知らなくても十分楽しめると思いますので、興味のある方は是非見てみてはいかがでしょうか!

※各話の簡単なあらすじとかつけようとしたら軽く死ねる長さなので別途挑戦したいと思います。