楽しいことを選べるということ

●しばらくキモ女記事ばっかりだったのでたまにはRO(逆
●ROをやっていて私が楽しいこと
キャラクターがかわいく(強く、面白く)なっていく
友達になりたい人と交流を深めて会話ができる
自分の必要なアイテムをそろえる
他人が欲しいものを用意してあげる努力ができる
●このゲームを極めると育成ゲーになるわけですが、何故人はROになると感覚が狂うのでしょう
子犬を飼っていたって、一日で成犬にならないことをみんな知っているはずなんだけど。
育成の様子をだらだらと思い出せるような遊び方が好きです
●育成の様子よりも、成犬に育て上げるまでの速さや一時間に詰め込むカリキュラムの吸収率が好きになってしまう人がROには沢山います。
それはそれで一つの立派な主義ではあると思いますが、上に書いた通り子犬は一日で成犬になりません
勿論2日や3日でも無理なんですけど。
そう夢見ることも、努力することも間違ってはいないしその人にとっては立派なことですが、残念ながら私にはあまり価値があるとは思えません。
にも関わらず、「価値があるよね?」と確認作業も抜きで、知り合いの知り合いが突然話を振ってきたら普通の人は引くと思いますが
●ROだと何故か引かない っていうか価値を誇るのが当たり前だと思ってる人が沢山いるねって話
●ダイヤモンドが価値があるのは大変希少で、長い年月をかけて出来上がるものだからですが
ROにおいての自慢話は、ダイヤを誇ることではなくむしろダイヤを入れてある箱を大きくしていくことを自慢する内容が多いですね
箱が大きくなっても価値は変わりはしないのに
自分が楽しいと思うことを選べるということは素晴らしいことだと思います
思いますが、それは他人に自分の楽しいと思うことを選ばせることではありませんし、他人に「おまえのやり方は楽しくない」と言うことを禁止させることでもありません
思っていることを素直に聞いてあげたい と思うような人とだけ付き合うことが「つまらない」ということを避ける道だと思います
どちらにしろ、他人の意見を聞いていてはダメな世界だと思い知りました
自分が選んでいくこと、見たままのその人を判断することで自分の身を守ることは、現実と何ら変わりがないということです
●話は変わって某所の悪ケミさんに憧れて、まあそのまんま悪ケミを作ったわけだけど
たのしいいいいいいいい
マゾ職が楽しい自分は結構末期な気がしないわけでもないけど、実はケミはそんなにマゾいわけじゃないですね
「育成しなくても楽しい」というか、低レベルでもただ楽しく遊べる職だと思います
お金があったりレベルが高くなるとなお楽しいけども。
伸び悩むのが当たり前だから、敵一匹一匹倒すのが面白いってこともあるかも。
●まあますますROの人間関係を嫌いになりながら楽しく生きています
ただ、純粋な悪意が苦手です
悪意そのものの人間も、それに惹かれる人も
惹かれる人は、今まで付き合ってきた人たちを悲しませることを知った上でお付き合いするといいですね
同類扱いされて黙ってる人はなかなかいないと思いますから
●世界中みんなが仲良くできないのは、誰かを選んで付き合うということが誰かを悲しませるからかもしれません
もし本当にみんな仲良くと思っている人は酷く憎まれるだろけど、その理由は、その人が全ての人を平等に扱うことが、全ての人を同じようにないがしろにすることと何ら変わらないから なのかもしれないとたまに思うわけです
宗教の偉人は、生涯誰をも憎まなかったことは崇められるべきかもしれませんが、生涯誰をも特別に扱わなかったことは現代の人間には理解され難いのかもしれない とか
何でROでこんなこと考えてるのか自分でもわからん
●こんなgdgdな文章書いてる最中に6月が終わりそうなんだけど、原稿が半分も埋まっていないという。

広告

近代東京

○キモ女事件の続報
まあヤツが学校に来ないことで安定していたわけですが、お前何書いてんだっていう内容のことをblogに書いてやがる。
てか妄想を書き連ねているわけです。
学校から言われてもいない妄想内容を「言われた」だの書いてんじゃNEEEEEEEEEEEEEEEEEET
なんか来週水曜から来るらしいですが、学校側は「聞いてないYO」ということで微テンパ
○まあそんな精神衛生上思い出すのもありえない顔と性格の頭脳の持ち主のことは置いといて、
○踊る大捜査線シリーズ「交渉人 真下正義」を見ちゃっター
元々映画館で映画を見る場合は
・新作
・続編
・名作
のどれかで我慢できないときのみ
どっちかっていうと家でごにょごにょ感想を言い合いながらB級をげらげら見るのが好きだったわけですが
○うん、これなんつーかパンチが効いた「名作」だと思ったわ
元々のドラマ「踊る大捜査線」は青島巡査の日常と警察官の生活を取り入れて描いていき、人間のつながりと警察組織の理不尽さを事件を通して表現していくもの、だと思うんだけども。
この映画と続編とされる「容疑者室井慎次」に関しては、「超近代都市東京」での想像もつかないような事件に巻き込まれた部分を書き出すところに焦点が絞られていて、アクションとサスペンス性がドラマより高いと思った。
○「踊る」のファンは別に事件が見たいわけでもなく、青島とその仲間が活躍する映画をもっと!と思うわけなんだけども、今作は「踊るの外伝」という側面を満たしつつ、「踊る」自体に興味がなかった人も単純に楽しめるつくりになっていて、その分誤魔化しが殆ど効かないし脚本も至極練れていると思うわけです。
勿論テレビ版のキャストは健在、設定も引継ぎなんだけども、米ドラマ「24」のような緊迫した雰囲気がいきなり始まって最高潮に盛り上がった頃に唐突に終わってしまう、という魅力のある演出ができていると思った。
○今作のみの謎に終わらせず、次回作「容疑者~」にも上手く繋がっていくような映画だとおもいますた。
○とりあえず、脚本もすごいけど演出が面白い。
これは「踊る」全体のデザインにも関わってくるんだけど、「2005」という具体的な年号を設定しているのに舞台となる東京のインフラは超近代化されているデザインで、現実とリンクさせながら一般人には想像もつかない範囲の技術やトリックを駆使している世界観になっている。
個人的には、「犯人」からの音声を文字で出力していちいち検索をかけるあのOS?が面白かった。
前作「レインボーブリッジを封鎖しろ」に導入されていたC.A.R.A.Sシステムが相変わらず続いているところとか、新地下鉄の構想なんかは、虚構とはいえ大分作りこまれていたので東京に住んでいる人には面白い部分が沢山あるでしょう。
○「踊る」のグッズは警察と提携しているデザイン(笑)の割りに洗練されていてかっこいいので、映画でひっぱらずにもっと出して欲しいところかなぁ。
次回作も楽しみですが、サイバーパンク好きの人は多分今作が結構面白いな、と思うんだろうな
○まあ誉めるだけ誉めている気もしますが、「未曾有の犯罪」の割りに和みすぎだし全体的に淡々としているところは深夜の台風情報を思い起こさせるところもある。
その分「踊る」のアツさが好きだった人には冷たく見えてしまい、無機質な映画と思われることもあるかもしれません。
○宇宙戦争もいいんだけどスターウォーズ3もちょっといいんだよなぁ。

襲撃貰う

●最近ROはソロ狩りが楽しくて面白いこと特にないんですよ
●前述のキモ女に襲撃されました。
●前回ショックで熱で休んだんで、ちゃんと真面目に行かなきゃーといったわけですよ。
最近ほったらかしだったJavaの実習だったのでせこせこ課題をやる。
自由席なんですが、なんだかいつも決まった席に座るので隣の子と適当に話をしていたら、キモ女が机に顔を乗せる形でこちらを見ている(怪談
位置関係  キモ女→◎∥ 机
            隣の人→○    ○←アタクシ
テカ顔で迫られた隣の人が可哀想だったんですがこちらはPC画面に釘付け
何かをごちゃごちゃしゃべっているキモ女
●まあ「自分に似ている」なんてことを言われてこちらは不愉快最高潮ではあったんですが、何時もの通りスルー。
隣席の子も机にキモ女が張り付きだしたせいかスルーの後お手洗いへGO
そのまま授業中はプログラムをうなりながら作り、キモ女はプログラムに悩むクラスの男性へちょっかい出して一人浮いたりしつつ、つつがなくお昼を迎えたわけでございますが
●いきなり覚醒
彼女の奇行の中には「誰に話しかけているか不明なシャウト」というものがあるのですが、大変興奮されてわめき散らし始めたため( ゚Д゚)ポカーン ( ゚Д゚)ハァ? と周りの人がうろつく中で発狂
「何で無視するのよ!」とかなんとかシャウトしているのでますます( ゚Д゚)ポカーン
どうやら先ほどの会話は私に話しかけていたようでございます
気付きたくないよそんなこと
●お昼はキモ女被害を被っていた人が意外に多いことが判明しつつ、「刺される」「襲撃される」と笑い話でなごんでいたところ、事件が5時間目に起こる
授業中ずかずか入り込んできたキモ女が私を襲撃したわけです
●ヤツはいつもの精神崩壊を起こしたと思い真面目に授業を受けていたところ、鉄製のドアがずがーんとあけられ鼻息荒く入ってくる彼女
お昼ご飯の最中の話題がソレだったので想定範囲内でしたが、凶器は持っていない様子なのでとりあえず臨戦態勢に(刃物持ってたら問答無用でダッシュだけど)
前の席の方に座っていたO氏が素晴らしい反応速度でキモ女の腕を掴んでくれなければもうちょっと切羽詰っていたことが想像できるので彼には非常に感謝いたしました
●殴りたかったらしいですがこちらのリーチが勝ったため結果的に無傷で胸倉を掴み返すチンピラのようになったアタクシ。
授業中にも関わらずわめき散らすヤツ。
呆けた表情で驚く先生が気の毒だったので、とりあえず冷静に受け答えしましたが内容はイマイチ覚えていない・・・。
何で無視するのよとか言いたいこと言ったらいいでしょうとか言われたんですが、関わりたくないのをどうしても受け容れてくれないようです
言いたいこととか「近寄るな」しかないし!
外出て話つけるかしょうがない(‘A`)と提案したところで「私帰るからいい!」ってヲイヲイ帰るんですか
●なんかデモンストレーションに使われた?私
本日再襲撃を用心しつつ学校いったところ、担任に「クラスのみなさんご迷惑をおかけしました」と電話が掛かっていたそうで 私 に 謝 れ よ
周りに怖い人だと思われていたらイヤなんだけど、逆に場慣れしてるのを笑われていた 笑うところじゃないのに(つД`)
彼女の中ではコミュニケーション能力の欠如で片付けられているようですが、「私って可哀想な子」の演出に使われた私は一体どうすれば・・・(‘A`)
襲撃そのものはニヤニヤしながら受け容れたんですが、ヤツの事後態度に段々イライラしてきたのでここに書いてしまうのであった。
●しばらく学校来ないそうなのでうれしいですが、2・3週間行きませんって言っても2・3日で訪れそうな不思議。
自分のことを認めない人間は許せない、理解できないそうなので、学校側では彼女と私を対面させたかったようですが、こちらが要求に答えても要求した本人が逆上するのは目に見えていますよね?と返事すると放置でいいことになりました。
見た目が人間として既にアレ→中身もヤバイのが3日で判明→避けるってことはしちゃいけないらしいですよ(‘A`)
●性別にごまかされがちだがすとーかーされている気分になってきてしまった 鬱だ 死のう
次回再襲撃に備えて寝ることにシマス
●××氏イニシャルを出されて怯えさせてごめんなさい(隠れていない

美的感覚

デザインについて書いているblogを見るたび、「blogっていうツールを使ってる状態なんだから個人がいじって自慢するとこはあんまりないのに・・・」って密かに思っていたですが
最近プレビューするのもためらうくらいの重さだったので記事をひっこめておきました
midiが重いのか?とも思っていたんですが記事表示件数が多すぎて読み込みに時間がかかっていただけのよう
キモ女で落ち込んでいた(?)ここのところでしたが、土曜日にやっとハウルの動く城を見れました(n‘∀‘)η
池袋で上映場所がわからないせいで、公開初週に断念したチキンっぷりでしたが公開終了目前でギリギリ間に合った。
もう超美人ですね。ハウル。
絵を書く時間と金がもったいなくってやめた同人でしたがハウルネタで再びとか一瞬思っちゃったよ!
実は宮崎駿のキャラクターの顔、キレイなのに貧相というか、線が単純なのにかわいいところが苦手だった部分がありました。
ルパンのカリオストロの城とか最もつまらない映画と思ってた(一番面白いのはクローン人間だと思っていた)
でもハウルは絶対美人に書こうとしてますね監督。
すごい勢いでハウルかわいく書こうとしてますね。
声があんまり好きじゃないキムタクなのにかわいすぎですねハウル。
実は今頭がハウル一色なのが回りにバレていないか非常に心配ですがハウルかわいいよハウル
しかしああいう美形を書き出す感覚は日本人にないものだと思うのですが、最近の同年輩の美的感覚がイマイチ理解しがたかったりします。
とりあえずギャル服は受け付けない。
ミュールとかキャミソールとかも下着感覚がぬぐえないので、雑誌のモデルの格好をそのまま再現している人の美的感覚は信用できない気がしています。
あれはモデルが特別な服として着るから似合うのであって、日常生活で地味な日本女が着てもダサイとしか思わないんですが・・・。
実際に女性にそういう口を聞くと、泣かれるか罵倒されるかなので言わないようにしています。
私の好みはモード系のようです。
かといってビジュ系の子が着ているツギハギ服は頭の中身を疑う奇抜さだと思います。
個人の美的感覚の追及を否定するつもりはないんだけど、もうちょっと周りの人が見て不快に思わない程度の格好をしてくれればいいと思った

ボスケテ

●ボス 決して走らず 急いで歩いてきて そして早く僕らを 助けて
いや、まじで
●ぼくはもうきっとたちなおれません
キモ女関連なので
・しんぞうのよわいこ
・ふみんしょうのこ
・こうけつあつのこ
・かんちがいぶすにぼうりょくをふるわずにいられないこ
以上に該当する子は取り扱いにご注意下さい
●~~目撃ドキュン第一弾~~
5月病くさく休みを繰り返し、1日おきに学校に行くという卑屈な生活を繰り返していたですが、これじゃいかんと思いつつ貧血でたちあがれなかったですよ
しかし先週の金曜に飲み会が企画されているのを事前に教えてもらったため、もう飲みたーい飲みたーいとばかりに出席したですが
●ちんたらちんたら一番後ろを歩いていったせいで、座敷に上がりこんだときには女性の方とは隔離された場所しか空いてなかったわけで。
でも女性の固まっている中にはキモ女がちゃっかりいるわけで。
その中に座るなんて考えられなかったわけで。
もうスペースがないという言い訳を嬉しく思いながら壁際によっこらせいと座ってひたすら食べて飲んでいたんですよ
まあすぐ傍の席が空いているとキモ女が移動してくるなんていうハプニングもあったわけですが、周囲のクラスメートをうまく捕まえながらなるべく接触しないようにし、その場はなんとか取り繕えたわけでございます。
●2次会がカラオケにいきなり突っ込んだんですが、そこでまた空気が読めない女爆発だったわけですよ。
18人が詰め込まれた密室空間で、誰も知らない曲を何度も何度も予約し自己陶酔爆発で歌うキモ女。
お前予約予約って周りの人数が目に入らんのか。
誰もお前の歌の趣味に興味を示していないのに説明するなと。
むしろお前はカラオケ来た事ないんじゃないかと。
よしのやのこぴぺ りゃく
で、空気が冷めるのも構わずヤツが「ムーンライト伝説」を歌いきったところで2次会もお開きになったわけで。
事件はそこで起こってしまった訳でございます。
●カラオケ中にもいちいち他人の動向を論い自分のネタとして活用していたキモ女に嫌悪感を抑えきれず、自分がいじられた時にはそれ以上話題が広がらないように冷ややかに対処していたわけですが
帰り際ヤツが横に寄ってきたのでぎょっとしながら余所見していると
「 ○○さん(私の苗字)、私のこと嫌いですか? 」
って い き な り 爆 撃 し て き や が っ た
●戦場は地獄だなフゥーハハハーのAAが一瞬頭をよぎりつつ、こちらをうかがってくるヤツの顔が直視できない
これだけ嫌いだってアピールしてるのに わ か っ て も ら え て な い
どれだけ空気読めなきゃ気が済むんだ知能障害炸裂女ァァァァ
と歌舞伎町の片隅で発狂したら逆に自分の人生が危ういので、手や足が出るのは止めました、止めましたが嫌悪感がなくなるわけでも非ず
金曜だったので他にも新卒のスーツやら客寄せやらがいる中、公に聞かれたってことはここで答えていいのね?と思いつつ思いっきり「うん」
それで去ったと思っていたんですが、2分ほど横にいて私の顔を見ているので逆にこっちがイライラ
やっとあっち側に去っていったと思ったら
●知能障害は予想を超える反応をするもので、その場で泣き出しました。
かわいそうなクラスメートの人が他にやることもないので処理してくれていましたが、逆に可哀想・・・!!!
泣き出すくらいなら嫌われるようなことをするな、むしろこんなところで聞くな、それよりもなによりもその顔で 自 己 陶 酔 す る な
以上が先週の出来事。
●~~目撃ドキュン第2弾~~
金曜の飲み会でターゲッティングされてしまったわたくし。
しかし一部のクラスメートの本音を聞くこともできたわけでそれはそれで個人的にはよかったんですが、月曜まじで刺されるんじゃないかと密かにガクガクしていました チキン(*ノノ)
火曜日のお昼はヤツがいなかったのでまったりお昼ご飯を食べていたわけですがそこにヤツ降臨
慌てて立ち去る私
●その日の夜、キモ女ネタで話がかみ合ったM氏がメッセで衝撃報告をしてくれた っていうかくれやがったっていうか・・・
私が立ち去った後、狙われているんじゃないか疑惑No1のO氏にヤツが近づいていってこう言ったとのこと
「私嫌われてるみたいだけど~○○さん(私)のこと好きなんだぁ~wwwどうしたらお話できるかな~」
ヤツが言うには私は昔の自分に似ていて興味があるとのこと
似 て な い よ
ターゲッティングされたのもショックだけど似てるとか思い込まれてるのは生れ落ちてからかつてないほどの 屈 辱
残念ながらM氏もO氏も「全然似てないよ」ってヤツに言ってくれなかったようです
ショックのあまり今日熱がでました。ぼくはきっともうながくいきられないよ(燃え尽きて白
●真面目に書くと、ヤツは自称鬱病ですが違う病気だと思います。
妄想と過剰な自己演出、特に常に他人との会話を「自分について」の会話に摩り替える自己顕示欲が押さえられていない部分はヒステリー性格の典型的な特徴が完全に出ちゃってる
精神分裂の初期症状っぽい思考回路も見受けられる人だと思います
私が休んだ日に授業中興奮状態になり叫んだということもあったらしいので、本物だったら発狂しないかな・・・と周囲を本当に怯えさせている部分もないこともない。
衒奇症っぽいのが常なので、もしかすると生育環境にも由来する問題を抱えた人なのかもしれませんが、自己陶酔が激しい(私は美しい、と思っていることが会話に出ちゃう)こともあるのでどちらかというと人格障害なのかもしれません。
境界例ってことはないと思いますが。
病識があるならとっとと治療しろって感じなんですが、本人曰く専門学校は工学部に4年在籍した彼女にとっては「リハビリ」なんだってさ┐(´∀`)┌
初心者には非常に失礼な言い草を平気で語るのでそれだけでも腹が立ちますが、自称一般人なので相手すると疲れるよママン・・・_| ̄|○
4年もムダにしてプログラム触ってきたのはわかったから邪魔しないで・・・_| ̄|○
●こう書くとすごーく可哀想な人みたいですが、可哀想なのはおいといてとりあえず他人にストレスをかけるなと。
勿論、こちらが気にしすぎてストレスを抱えるのもよくないので、もうなるべく関わらない&目にしないようにしたいで候
ヲチ体質が仇になった・・・_| ̄|○
●しかし、クラスにはまだヤツの猛威が奮われておらず、私と一部のクラスメートは壁際でがくがくするのみであった 未完
●こちらの鬱病がぶり返しそうなのはまた別の話